コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベスブ石 ベスブせきvesuvianite

翻訳|vesuvianite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベスブ石
ベスブせき
vesuvianite

正方晶系の鉱物。 Ca10(Mg,Fe)2Al4Si9O34(OH,F)4 。比重 3.33~3.43 ,硬度 6~7 。黄,緑,褐色などを呈する。石灰岩ドロマイトなどが接触交代変成作用を受けて生じたスカルン中に産出するほか,霞石閃長岩や超塩基性岩中にも産出することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベスブ石
べすぶせき
vesuvianiteidocrase

正方柱状ないし正方複錐(ふくすい)状の結晶をするほか、粒状ないし塊状の鉱物。塊状の場合、ざくろ石と肉眼的に区別しがたい。スカルン鉱物の一つとしてよく産し、灰礬(かいばん)ざくろ石、透輝石、珪灰(けいかい)石、透閃(とうせん)石、柱石などと共生する。また、超塩基性岩中に脈状ないし塊状で産したり、その中に含まれるロジン岩を構成する鉱物としてもよくみられる。一般にアルミニウムやマグネシウムに富むものは淡色で、鉄に富むものは濃色となる。カリフォルニアひすいとよばれるものは、ベスブ石の微細結晶が緻密(ちみつ)に集合した緑色の塊である。日本のおもな産地は埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山、大分県木浦鉱山などである。英名の一つvesuvianiteは、この鉱物がイタリアのベスビアス火山の火山弾塊中に発見されたことにちなみ、もう一つの英名のidocraseはギリシア語の「形態と混じる」ということばからきていて、ベスブ石が他の鉱物の結晶と形が混じっているようにみえるところから命名された。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベスブ石の言及

【ベスビアナイト】より

…ベスブ石ともいう。造岩鉱物の一つ。…

※「ベスブ石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベスブ石の関連キーワードベスブ石(データノート)モンチチェリ橄欖石カリフォルニア石ベスビアナイトホルンフェルススカポライト玉(ぎょく)ソーマス石交代作用正方晶系イボン石ケイ灰石大理石備中石宝石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android