透閃石(読み)とうせんせき(英語表記)tremolite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透閃石
とうせんせき
tremolite

単斜晶系の鉱物。 Ca2Mg5Si8O22(OH,F)2 。マグネシウムと鉄(II)の置換によって陽起石と連続固溶体をなす。比重3,硬度6。純粋の透閃石はマグネシウムが多いためドロマイト (苦灰石) が低度変成作用を受けたときなど特殊な場合にできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうせんせき【透閃石】

角閃石類鉱物の一。単斜晶系に属し、淡灰色のガラス状光沢がある。透角閃石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透閃石
とうせんせき
tremolite

角閃(かくせん)石の一種で、透角閃石ともいう。多く繊維状ないし針状で、まれに柱状の結晶をなす。とくに微細な繊維状結晶が密に集合して塊状を呈すると強靭(きょうじん)になる。いわゆる軟玉の一部がこれにあたる。石灰質、苦灰質岩起源の接触変成岩、塩基性岩起源の広域変成岩、超塩基性岩起源の変成岩中に産する。鉄の含有量が増加すると、緑閃石(アクチノ閃石)、さらに鉄緑閃石(フェロアクチノ閃石)になる。英名は、原産地スイスのトレモラ・バレーTremola Valleyに由来する。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android