コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透閃石 とうせんせき tremolite

4件 の用語解説(透閃石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透閃石
とうせんせき
tremolite

単斜晶系の鉱物。 Ca2Mg5Si8O22(OH,F)2 。マグネシウムと鉄(II)の置換によって陽起石と連続固溶体をなす。比重3,硬度6。純粋の透閃石はマグネシウムが多いためドロマイト (苦灰石) が低度の変成作用を受けたときなど特殊な場合にできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐せんせき【透×閃石】

角閃石の一。白または灰色で、長柱状または繊維状の結晶。単斜晶系苦灰石が低温の変成作用を受けてできる。透角閃石

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうせんせき【透閃石】

角閃石類鉱物の一。単斜晶系に属し、淡灰色のガラス状光沢がある。透角閃石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透閃石
とうせんせき
tremolite

角閃(かくせん)石の一種で、透角閃石ともいう。多く繊維状ないし針状で、まれに柱状の結晶をなす。とくに微細な繊維状結晶が密に集合して塊状を呈すると強靭(きょうじん)になる。いわゆる軟玉の一部がこれにあたる。石灰質、苦灰質岩起源の接触変成岩、塩基性岩起源の広域変成岩、超塩基性岩起源の変成岩中に産する。鉄の含有量が増加すると、緑閃石(アクチノ閃石)、さらに鉄緑閃石(フェロアクチノ閃石)になる。英名は、原産地スイスのトレモラ・バレーTremola Valleyに由来する。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透閃石の関連キーワード角閃石コバルト華双軸結晶単斜晶系藍閃石藍銅鉱カリ長石ヒューマイトケイ灰石(珪灰石)単斜晶系セレン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone