コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透閃石 とうせんせきtremolite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透閃石
とうせんせき
tremolite

単斜晶系の鉱物。 Ca2Mg5Si8O22(OH,F)2 。マグネシウムと鉄(II)の置換によって陽起石と連続固溶体をなす。比重3,硬度6。純粋の透閃石はマグネシウムが多いためドロマイト (苦灰石) が低度変成作用を受けたときなど特殊な場合にできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうせんせき【透閃石】

角閃石類鉱物の一。単斜晶系に属し、淡灰色のガラス状光沢がある。透角閃石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透閃石
とうせんせき
tremolite

角閃(かくせん)石の一種で、透角閃石ともいう。多く繊維状ないし針状で、まれに柱状の結晶をなす。とくに微細な繊維状結晶が密に集合して塊状を呈すると強靭(きょうじん)になる。いわゆる軟玉の一部がこれにあたる。石灰質、苦灰質岩起源の接触変成岩、塩基性岩起源の広域変成岩、超塩基性岩起源の変成岩中に産する。鉄の含有量が増加すると、緑閃石(アクチノ閃石)、さらに鉄緑閃石(フェロアクチノ閃石)になる。英名は、原産地スイスのトレモラ・バレーTremola Valleyに由来する。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

透閃石の関連キーワード透閃石(データノート)石綿(いしわた)セミネフライト玉(ぎょく)スカルン鉱物スカポライト方トリウム鉱エスコラ石カレリア石磁苦土鉄鉱石灰珪質岩普通角閃石タクタイトベスブ石ケイ酸塩ウラル石ひすい軟玉岩硬玉

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android