ベビー・ホテル(読み)ベビーホテル

百科事典マイペディアの解説

ベビー・ホテル

私設の乳幼児保育用の施設。1975年前後から相次いで作られた。夜間保育,宿泊保育,一時預り等,種々の営業形態があり,保育定員は10〜20人が多いが,中には100人を超えるものもある。無認可保育所である点が問題とされ,1981年児童福祉法を一部改正し,行政による立入り調査や業務停止命令が行えるようになった。その後ベビーホテル協会が発足し,安心して預けられる施設にする努力がなされている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベビー・ホテルの関連情報