ベルガモ(英語表記)Bergamo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルガモ
Bergamo

イタリア北部,ロンバルディア州ベルガモ県の県都。ミラノの東北東約 45km,標高 366mのアルプス南麓に位置する。古代にはベルゴムム Bergomumと呼ばれ,オロビ人の中心地であった。前196年ローマ人が占領。ランゴバルド王国(→ランゴバルド族)の首都となったのち,1329年よりミラノのビスコンチ家,1428~1797年にベネチア共和国(→ベネチア)の支配を受けた。その後フランス,オーストリアに占領され,1859年サルジニア王国に併合された。ベッキア広場を中心にベルガモ大聖堂(1483,1639再建),コレオーニ家礼拝堂(1470~76),サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂(1137,14~15世紀再建)および洗礼堂(1340),パラッツォ・デラ・ラジョーネ(1538~54再建)などが立ち並ぶ丘の上の旧市街は,16~17世紀にベネチア共和国の軍事上の要塞となった。2017年,共和国の版図拡大や繁栄ぶりを伝えるものとして,イタリア,クロアチア,モンテネグロの 5ヵ所の構成資産とともに国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界遺産の文化遺産に登録された。新市街には有名絵画を集めたアカデミア・カラーラがある。コメディア・デラルテ(即興喜劇),ベルガマスク(舞曲)の発祥地としても知られる。交通の要衝で,伝統的な織物工業のほか,セメント,機械,電機工業が盛ん。人口 11万9551(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベルガモ(Bergamo)

イタリア北部、ロンバルディア州の都市。オロビエアルプス山脈の南麓、ロンバルディア平野の端に位置する。丘の上にある旧市街ベルガモアルタ、19世紀に造られた新市街ベルガモバッサからなる。16世紀より伝統的な絹織物業で知られ、19世紀以降は機械、化学、食品などの諸工業が発展。旧市街には、ロンバルディア‐ルネサンスの傑作とされるコッレオーニ礼拝堂、12世紀創建のサンタマリアマッジョーレ教会をはじめとする歴史的建造物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベルガモ

イタリア北部,ロンバルディア州の都市。アルプス山麓にあり,丘の上にある〈上の町〉とふもとの〈下の町〉に分かれる。経済活動は〈下の町〉が中心で,繊維,金属,機械などの工業が行われる。16世紀の城壁に囲まれた〈上の町〉には11世紀の教会,12世紀の市庁舎,美術学校などがある。起源はガリア人の町で,1428年から1797年までベネチアの支配下にあった。音楽家ドニゼッティの生地。11万5349人(2011)。
→関連項目クレスピ・ダッダ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルガモ【Bergamo】

イタリア北部,ロンバルディア州の同名県の県都。人口11万5889(1994)。ミラノの北東59km,アルプス山系とポー平原の境界の丘陵地域に位置している。標高366mの丘の上にある,16世紀の城壁に囲まれた〈上の町〉と,その南東部のふもとに広がる〈下の町〉(標高244m)の二つの部分からなり,今日,経済活動は近代化の進んだ〈下の町〉に移っており,かつての中心地域であった〈上の町〉は,古い町並みと重要な建造物,教会がそのまま保存された区域となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルガモ
べるがも
Bergamo

イタリア北西部、ロンバルディア州ベルガモ県の県都。人口11万0691(2001国勢調査速報値)。オロビエ・アルプス山脈の南麓(なんろく)、ミラノ北東59キロメートルに位置する。丘上の旧市街と平野部の新市街からなる。前者にはサンタ・マリア・マッジョーレ教会(12世紀)やラジョーネ宮殿(12世紀)があるが、19世紀以降、経済活動の重心は後者に移った。繊維、機械、セメント、化学、薬品、食品など多方面の工業活動が営まれる。絹織物には16世紀以来の伝統がある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルガモの関連情報