コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルーハ[山] Gora Belukha

世界大百科事典 第2版の解説

ベルーハ[山]【Gora Belukha】

ロシア連邦中南部のアルタイ共和国とカザフスタン共和国との境界,アルタイ山系中のカトゥニ山脈の東部にある高山。アルタイ山系の最高峰で,東西2峰よりなり,東ベルーハ山は標高4506m,西ベルーハ山は4440m。万年雪と氷河に覆われ,氷河面積は70km2に達する。南斜面はブフタルマ水系,北斜面はカトゥニ水系で,いずれもオビ川に合流する。【渡辺 一夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベルーハ[山]の言及

【アルタイ[山脈]】より

…この南東に1500~2500mの断層地塊山脈で,モンゴルを走るゴビ・アルタイ(最高峰バグン・ボグダ,3957m)がのび,これはゴビ砂漠や陰山山脈へとつづく。モンゴル・アルタイの北西部は多数の山脈が入り組みアルタイ山脈最高のベルーハ峰(4506m)のあるロシア・アルタイで,その氷河群は西シベリアのオビ川水系の源になっている。年間降水量は西シベリアやカザフ地方側山麓で1000~2000mmで,農業がみられるが,モンゴル側は300mm以下である。…

※「ベルーハ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android