コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オビ川 オビがわreka Ob'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オビ川
オビがわ
reka Ob'

ロシア中部,西シベリアを北流し,北極海に注ぐ大河。長さはオビ川となってからは 3650kmであるが,最大の支流イルトゥイシ川の水源からは 5570km。流域面積 243万 km2。アルタイ山地のベルーハ山から流れ出るカトゥン川と,テレツコエ湖から流れ出るビーヤ川がビースク付近で合流してオビ川となり,アルタイ山麓部を北西,北東へ流れて西シベリア低地に出る。その後無数に分流,曲流しながらトミ川ケチ川などの多くの支流を合せて同低地を北西流し,ハントゥイマンシースク付近でイルトゥイシ川を合せてから大河となって北流,ところによって河谷の幅は 50~60kmになる。ペレグレブノエで西岸に小オビ川を分流し,サレハルド付近で合流したのち東流する最下流部では川幅は最大 20km,最大水深 40mになり,河口に三角州を形成しながらカラ海のオビ湾に注ぐ。上流部は 11月~4月,下流部は 10月中旬~6月初旬は結氷し,航行に利用できる期間は下流部では約3ヵ月程度である。イルトゥイシ川とオビ川中流部で航行が盛ん。流域にクズバス (クズネツク炭田) の重化学工業地帯や,チュメン,ノボシビルスク,オムスクなどの大都市があり,また木材資源,地下資源 (石油,天然ガス,石炭,鉄鉱,非鉄金属) に富む。下流部では漁業が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オビ‐がわ〔‐がは〕【オビ川】

Ob'Обь》ロシア連邦、西シベリアを流れる大河。アルタイ山脈に源を発し、北へ流れて北極海のオビ湾に注ぐ。本流の長さ3701キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オビ川
おびがわ
Обь Ob’ 

ロシア連邦中部の川。西シベリアを流れて北極海に注ぐ世界有数の大河。本流の長さは3650キロメートル、支流のイルティシ川の源からの長さは5410キロメートル、流域面積299万平方キロメートル。最上流部は中国とモンゴルとの国境に近いアルタイ山脈に源をもつ二つの川からなる。ビエルーハ峰(4506メートル)の氷河から流下するカトゥニ川と、テレツコエ湖から発するビヤ川で、これらがアルタイ地区のビースク付近で合流してオビ川となる。ここまでの400キロメートルで標高は4000メートルから500メートルへと激しく低下する。本流は山地を北流し、アルタイ地区の中心都市バルナウルを過ぎるころから西シベリア低地に出る。シベリア最大の都市ノボシビルスクを貫流し、トムスク付近で右岸からトミ川をあわせて北西に流れ、さらにチュメニ州ハンティ・マンシスクで左岸からイルティシ川をあわせる。ここから河口までの1160キロは、標高差わずか40メートルである。最下流部は乱流し、網状流となってカラ海のオビ湾奥に三角州をつくって流入する。オビ川とイルティシ川に挟まれたバシューガン湿原は、春の雪解け時には日本の面積ほどが水没する。全流域にわたって、ほぼ半年間は結氷する。
 流域はロシア連邦の国民経済上重要な地域となっており、活発な水上輸送が行われている。シベリア鉄道沿いの一帯では小麦の生産が盛んで、また、支流のトミ川流域にあるクズバス炭田は国内有数の埋蔵量をもち、ノボシビルスクやノボクズネツクを中心としたクズネツク・コンビナートを形成している。1950年代以降、中流域のスルグートやイルティシ川流域のチュメニを中心とする油田の開発が進められている。一方、豊富な水量を利用して、59年にはノボシビルスク貯水池(オビ海ともいう)と水力発電所が建設された。さらに将来はオビ川の流域を変更して南流させ、中央アジアの灌漑(かんがい)を行う計画もある。[宇根 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オビ川の関連キーワードレーニンスククズネツキーハントゥイマンシ自治管区キャフタ(恰克図)条約ハンティマンシイスクセベロウラリスクサモトロール油田オビ=ウゴル諸語イルティシ[川]イシムステップサモエード諸語オスチャーク語カーメンナオビルプツォフスクコルパシェボチュルイム川カムイシロフチュムイシ川アレイスクイスキチム北ソシバ川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android