コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベン・ネビス[山] Ben Nevis

翻訳|Ben Nevis

世界大百科事典 第2版の解説

ベン・ネビス[山]【Ben Nevis】

イギリス,スコットランド北西部,ハイランド州南部にあるイギリスの最高峰で,標高1343m。山名は〈雪の山〉の意。グランピアン山脈の西部に位置し,周囲が開析されているため独立の山塊をなす。山体上部は安山岩,下部は花コウ岩からなり,頂上は広い台地で,山腹のカールには万年雪が残っている。1881‐1905年,頂上に気象観測所が設けられていたが,現在は閉鎖されている。北西麓の町フォート・ウィリアムFort Williamが登山基地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベン・ネビス[山]の言及

【スコットランド】より

…とくに北部にはカンブリア紀の変成岩を中心に,カレドニア造山運動による褶曲の結果生じたスコットランド高地(ハイランド)が横たわる。高地全体は北東~南西走向を有し,グレン・モアの断層線によって北西高地とグランピアン山脈に区分され,後者の西部にはイギリス最高峰のベン・ネビス山(1343m)が位置する。また洪積世氷期には地域的な氷河の中心となり,グレンglen(U字谷)やロッホloch(氷河湖,入江),ファースfirth(フィヨルド)と呼ばれる氷食地形が発達する。…

【ハイランド】より

…古生代前期のカレドニア山系に属して結晶片岩や花コウ岩から構成され,グレーン・モアの地溝帯によって北西高地とグランピアン山脈に二分される。最高峰はベン・ネビス山(1343m)で,氷食と湿潤気候のため全体に高層湿原や原野が広がり,観光以外では粗放的牧羊やウィスキー醸造が主産業である。ケルト人の古い慣習や言語が残存することでも知られる。…

※「ベン・ネビス[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベン・ネビス[山]の関連キーワードイギリス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android