コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイランド ハイランド Highland

翻訳|Highland

6件 の用語解説(ハイランドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイランド
ハイランド
Highland

イギリススコットランド北部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地インバーネス。1975年の自治体再編によりハイランド県として新設され,1996年に単一自治体となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハイランド
ハイランド
Highlands

パプアニューギニア,ニューギニア島の高地地方をさす。東ハイランド,チンブー,西ハイランド,南ハイランド,エンガの5県にまたがる。人種的,文化的に海岸部との相違がみられ,さらに海岸部の住民が早くからヨーロッパ人など外部との接触をもっていたのに対し,1930年代までこの地方の存在は外部に知られていなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハイランド

英国,スコットランド北部の約3/5の面積を占める山地。〈高地地方〉ともいい,1974年の行政区画再編により同名の州が新設された。州都インバネス結晶片岩類,片麻岩,花コウ岩などからなり,カレドニア造山運動による古い褶曲(しゅうきょく)山地の一部。
→関連項目スコットランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハイランド【Highlands】

イギリス,スコットランド北部の山地地方。スコットランド中部のローランドに対しての呼称で,スコットランド高地Scottish Highlandsともいう。クライド川河口のダンバートンから北海沿岸のストーンヘーブンに至る線より北西側を指すが,オークニーシェトランド両諸島と本土東岸の平野は除外される。古生代前期のカレドニア山系に属して結晶片岩や花コウ岩から構成され,グレーン・モアの地溝帯によって北西高地とグランピアン山脈に二分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハイランド【highland】

高地。高原。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイランド
はいらんど
Highlands

イギリス、スコットランド北部の高地。スコットランド高地ともいう。東側のフォース湾と西側のクライド湾との間の地峡より北方全体の高地をさす。最高峰ベン・ネビス山(1343メートル)はイギリス諸島の最高峰でもある。ハイランドはカレドニア地峡により二分され、北西部は北西ハイランドとよばれ、南東部はグランピアン山脈が広い面積を占めている。ハイランドは、スカンジナビア半島からアイルランド北部へ延びる先カンブリアカンブリア紀変成岩、花崗(かこう)岩を主とする岩石のつくる山地で、古生代のカレドニア造山帯の一部となっている。氷河時代には厚いスコットランド氷床下にあり、山や谷は氷河の侵食作用を受け、谷にはU字谷が、また岩峰を取り巻くように圏谷(カール)群が形成され、岩峰と森と湖の織り成す風光明媚(めいび)な風景がつくられた。グレート・ブリテン島北端に位置し、湿潤冷涼なためヒースの茂る湿地が高地や低地に広がり、森林は谷の斜面に限られる。湿地より切り出される泥炭(ピート)は、スコッチウイスキー製造の燃料として使われ、独特の味と香りを醸し出している。
 人口密度は低く、無人地域が大部分であるが、谷沿いに小村が点在する。高位湿地や氷食を受けた露岩山地が多く、放牧地として利用される土地もわずかである。夏、露岩地帯を除く山腹は、赤紫のヒースの花に覆われる。近年、観光地として脚光を浴び、夏季は観光客でにぎわう。カレドニア地峡の北東端インバネスが観光の中心地で、ハイランドの首都ともよばれる。行政上はハイランド、グランピアン、テイサイドの三カウンティー(県)にまたがる。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハイランドの言及

【イギリス】より


【地誌】
 イギリスは歴史・民族・行政上,イングランド,ウェールズ,スコットランド,北アイルランドの4地方に大別されるが,地誌的には地形や気候,産業,文化などの観点を加えて,次の各地域に区分される。
[スコットランド]
 (1)北部 ハイランドとも呼ばれる地域で,氷食を受けた高地が卓越するが,東部には低地もある。気候は東西で対照をなし,西海岸の年降水量は1250mm以上で東部の2倍以上に達する。…

【スコットランド】より


[自然]
 スコットランドの地質は,北西部に一部先カンブリア時代の地層がある以外は古生代の岩石が卓越する。とくに北部にはカンブリア紀の変成岩を中心に,カレドニア造山運動による褶曲の結果生じたスコットランド高地(ハイランド)が横たわる。高地全体は北東~南西走向を有し,グレン・モアの断層線によって北西高地とグランピアン山脈に区分され,後者の西部にはイギリス最高峰のベン・ネビス山(1343m)が位置する。…

※「ハイランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイランドの関連キーワードスコッチスコットランドヤードローランドエジンバラ蘇格蘭ゼットランド諸島リンリスゴーHighlandsスコットランド室内管弦楽団スコットランド風

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイランドの関連情報