コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベージュ beige

翻訳|beige

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベージュ
beige

もともと染色していない自然のままの麻,羊毛などの織物色名。一般には薄茶色とか薄とび色などといわれている明るい灰色がかった黄橙系の色で,色相明暗ともかなり包括的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベージュ(〈フランス〉beige)

薄くて明るい茶色。漂白も染色もしていない羊毛のような色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

色名がわかる辞典の解説

ベージュ【beige】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るいみのみを帯びた」としている。一般に、未漂白で染色もしていない、刈り取ったままの羊毛のような、ややくすんだ薄い茶色をさす。フランス語の色名で、最初は灰色を表していたが、後に染色業界の用語になり、やがて一般化して流行色となった。日本でもポピュラーな色名。薄茶色の総称としても用いられる。麻などの生成り色はエクルベージュ(ecru beige)という。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベージュ【beige】

明るい灰黄色。染色・漂白する前の、自然のままの羊毛の色。らくだ色。ベージ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ベージュの関連キーワードクリネックス ソフティ〈ナチュラルベーシック〉ベージュブック(Beige book)champagne goldecology colourブリュッセル・カーペットトラバーチンクラシックブレッチアオニシアータトラベルチーノロマーノケナガネズミ(毛長鼠)フミヅキタケ(文月茸)米地区連銀経済報告書ペルラートシチリアマロントラバーチンアラン デュカスベティ ローシェタイガーベージュセイラン(青鸞)ブランコドマールニューレイヤードフクロオオカミ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベージュの関連情報