ベージュ(英語表記)beige

翻訳|beige

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベージュ
beige

もともと染色していない自然のままの麻,羊毛などの織物色名。一般には薄茶色とか薄とび色などといわれている明るい灰色がかった黄橙系の色で,色相明暗ともかなり包括的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

色名がわかる辞典の解説

ベージュ【beige】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るいみのみを帯びた」としている。一般に、未漂白で染色もしていない、刈り取ったままの羊毛のような、ややくすんだ薄い茶色をさす。フランス語の色名で、最初は灰色を表していたが、後に染色業界の用語になり、やがて一般化して流行色となった。日本でもポピュラーな色名。薄茶色の総称としても用いられる。麻などの生成り色はエクルベージュ(ecru beige)という。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ベージュ【beige】

明るい灰黄色。染色・漂白する前の、自然のままの羊毛の色。らくだ色。ベージ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベージュの関連情報