ベージュ(英語表記)beige

  • 〈フランス〉beige

翻訳|beige

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るいみのみを帯びた」としている。一般に、未漂白で染色もしていない、刈り取ったままの羊毛のような、ややくすんだ薄い茶色をさす。フランス語の色名で、最初は灰色を表していたが、後に染色業界の用語になり、やがて一般化して流行色となった。日本でもポピュラーな色名。薄茶色の総称としても用いられる。麻などの生成り色はエクルベージュ(ecru beige)という。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

明るい灰黄色。染色・漂白する前の、自然のままの羊毛の色。らくだ色。ベージ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (beige) 明るいうす茶色。ベージュ色。
※恋人たちの森(1961)〈森茉莉〉「薄茶(ベエジュ)のバアバリのコオト」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベージュの関連情報