ベージュ(英語表記)beige

翻訳|beige

色名がわかる辞典「ベージュ」の解説

ベージュ【beige】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るいみのみを帯びた」としている。一般に、未漂白染色もしていない、刈り取ったままの羊毛のような、ややくすんだ薄い茶色をさす。フランス語の色名で、最初灰色を表していたが、後に染色業界の用語になり、やがて一般化して流行色となった。日本でもポピュラーな色名。薄茶色総称としても用いられる。などの生成り色はエクルベージュ(ecru beige)という。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ベージュ」の解説

ベージュ
beige

もともと染色していない自然のままの麻,羊毛などの織物の色名。一般には薄茶色とか薄とび色などといわれている明るい灰色がかった黄橙系の色で,色相明暗ともかなり包括的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ベージュ」の解説

ベージュ

〘名〙 (beige) 明るいうす茶色。ベージュ色。
※恋人たちの森(1961)〈森茉莉〉「薄茶(ベエジュ)のバアバリのコオト」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ベージュ」の解説

ベージュ(〈フランス〉beige)

薄くて明るい茶色。漂白も染色もしていない羊毛のような色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android