ベーズ

百科事典マイペディアの解説

ベーズ

フランスの宗教改革者,人文学者。ラテン名テオドルス・ベザTheodorus Beza。カルバンの感化を受け,1559年ジュネーブの大神学の学長となり,カルバンの最も忠実な後継者,改革派教会の指導者として活躍した。《詩篇》の韻文訳,聖書写本の研究(〈ベザ写本〉の発見)などでも知られる。
→関連項目アルミニウス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベーズ【Théodore de Bèze】

1519‐1605
フランスの人文学者,宗教改革者。ラテン名ベザTheodorus Beza。ブルゴーニュのベズレーの貴族の家に生まれ,少年時代からパリ,オルレアン,ブールジュで教育を受けた。人文学者また詩人として世に出たが,大病によって人生の危機を経験し,福音主義を告白する。1549年ローザンヌのギリシア語教授となり,ジュネーブに移って,59年にカルバンが大学を創設したとき,その初代学長。カルバンの死後は後任の牧師となり,改革派を代表する神学者また教会政治家として,全ヨーロッパとくにフランスの教会を指導し宗教改革の権利を擁護した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベーズの言及

【キリスト教】より

…とうぜん異端との対決もさけられず,リベルタン(自由思想家)や,人文主義者で反三位一体をとなえたセルベトゥスへの過酷な処置がめだった。1549年の〈チューリヒ協定〉によってスイス改革派教会の基礎が定まってからは,カルバンは母国フランスのユグノーを助け,あるいはノックスを支援してスコットランドに長老派教会をたて,ベーズを招いて各地の大学を建立ないし改革した。カルビニズムがネーデルラントに伝わったのは1571年以後で,《ベルギー信仰告白》を生んだが,国民主義の活発なこの地域では,預定説を緩和せんとするアルミニウス派との論争が示すように,従来の厳格な形を維持することができなかった。…

※「ベーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android