コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペプロス peplos

翻訳|peplos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペプロス
peplos

古代ギリシア女性の衣服。俗にドーリス式キトンともいう。毛織物か亜麻布製の長方形の布の一部を縦に折返し,その折返しを外側にして身体をおおい,両肩はピンで,側方は縫うかピンで留めた。アテネ良家の子女は4年に1度女神官の指導で,市の守護神アテナ・ポリアス像に捧げるペプロスを織った。スパルタでは帯なしで,一方の側面を開き,足を見せて着たが,一般にウエストか胸の下に帯を締めた。また折返した部分が長いときはその上から帯をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペプロス

古代ギリシアの衣服。前6世紀ごろから女性に用いられたが,のちにアテナイの女性がイオニア式キトンを着けるようになってから,これと区別してドリス式キトンを呼ぶようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペプロス【peplos】

古代ギリシアの主として女性が着用した袖のない衣服で,ドリス式のキトンをさす。長方形の毛織物の一枚布で,その上部を外側に折り返し,二つ折りにして体をはさみ,両肩をピンでとじ合わせた。脇は縫うかピンでとめたが,スパルタ人はの下からかかとまで右側をあらわにした。腰を帯で締めてたくしあげ,胴部にたるみをつけて着用された。おもに古典期以前に用いられた簡素な形式であり,イオニア式キトンの優美さに対して,重厚な感じを与える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペプロス
ぺぷろす
peplosギリシア語

古代ギリシアのキトンのうち、女性が着用したドーリス式キトンの別名。広義にはカーテン、垂れ布、覆い布を意味し、まれに男子の東方風外衣をさす。ラテン語ではペプルムpeplumまたはペプルスpeplusである。[菅生ふさ代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペプロスの言及

【キトン】より

…型にはドリス式とイオニア式がある。前者はペプロスともよばれ,毛織物製で二つ折りにして体をはさみ,両肩をピンでとめて着用した簡素な形式である。後者はおもに白の麻織物製で,首と両腕の出る部分を残して筒形にあらくかがり,腰を帯紐でしめて襞(ひだ)の美しさを出し,優美な感じを与える。…

※「ペプロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ペプロスの関連キーワードアルカイック・スマイルアテナ・パルテノスアクロポリス美術館パナテナイア祭ペプラムベールストラコレー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android