コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルオキソ酸 ペルオキソさん peroxo‐acid

2件 の用語解説(ペルオキソ酸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペルオキソさん【ペルオキソ酸 peroxo‐acid】

オキソ酸のうち,O2-の代りにO22-が配位した酸をいう。かつて過酸化酸,ペルオクソ酸などとも呼んだ。ペルオキソ一硫酸H2SO5,ペルオキソ二硫酸H2S2O8,ペルオキソ一リン酸H3PO5,ペルオキソ二リン酸H4P2O8,ペルオキソ硝酸HNO4,ペルオキソチタン酸H4TiO8,ペルオキソクロム酸H3CrO8などがこれに属する。 かつてH2SO5を過一硫酸,H2S2O8を過二硫酸,H3PO5を過リン酸など,過〇〇酸と呼んだことがあるが,これは誤称であって,過〇〇酸は,過塩素酸HClO4,過マンガン酸HMnO4など,周期表の第VII族元素の酸化数の高いオキソ酸のみに用いられるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルオキソ酸
ぺるおきそさん
peroxo acid

オキソ酸は、形式的には中心原子にいくつかの酸化物イオンO2-(配位子名オキソ)が配位したものと考えることができるが、このO2-のかわりに過酸化物イオンO22-(配位子名ペルオキソ。ペルは「十分な」、「完全な」を意味するラテン語に由来する接頭語。高度な酸化状態にあることを示す)が配位した形式のものをペルオキソ酸という。たとえばペルオキソ一硫酸、ペルオキソ二硫酸、ペルオキソリン酸、ペルオキソクロム()酸などは、それぞれ、次のようなペルオキソ酸イオン[SO3(O2)]2-、[O3S-O-O-SO3]2-、[PO3(O2)]3-、[Cr(O2)4]3-を含む酸である。これに対し、過――酸とよばれる、過マンガン酸HMnO4、過塩素酸HClO4などはペルオキソを含んだものではなく、中心原子の酸化数が高いものであって、ペルオキソ酸ではない。ペルオキソ酸をたとえば過硫酸、過リン酸などのようによんだことがあるが、これは誤称である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペルオキソ酸の言及

【オキソ酸】より

…またオキソ酸は水溶液中で縮合してポリ酸をつくることがあるが,その縮合の程度の低いものが二硫酸H2S2O7,二リン酸H4P2O7,二クロム酸H2Cr2O7などであって,その程度の高い各種のイソポリ酸,ヘテロポリ酸も知られている。酸素原子のかわりに過酸化物イオンO22-(配位子名はペルオキソ)の配位した酸はペルオキソ酸とよばれる。ペルオキソ酸について古くは,たとえばH2S2O8を過二硫酸,H2SO5を過一硫酸,HNO4を過硝酸などとよんだこともあったが,誤称である。…

【酸・塩基】より

…たとえば,硝酸HNO3,過塩素酸HClO4,硫酸H2SO4,炭酸H2CO3,リン酸H3PO4などである。オキソ酸を基本として,中心原子にO2-のかわりにO22-の配位したものはペルオキソ酸,S2-ではチオ酸,F,Cl,Br,I,ではフルオロ酸,クロロ酸など,まとめてハロゲノ酸といっている。たとえば,ペルオキソ二硫酸H2S2O8,チオ硫酸H2S2O3,トリチオ炭酸H2CS3,ヘキサフルオロケイ酸H2SiF6,ヘキサクロロ白金(IV)酸H2PtCl6,ヘキサシアノ鉄(II)酸H4Fe(CN)6などである。…

※「ペルオキソ酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペルオキソ酸の関連キーワード過硫酸酸素酸オキソ酸二クロム酸オキシ酸其の代りアミノ酸オキシダーゼ2-オキソグルタル酸カエデシロップ尿症分枝2-オキソ酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone