コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ化物 ホウかぶつboride

翻訳|boride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウ化物
ホウかぶつ
boride

ホウ素とそれより電気陰性度の低い元素 (すなわち金属) との化合物をいう。リンヒ素などの準金属元素とホウ素の化合物もホウ化物と呼ばれることが多い。一般に硬く,難融解性物質で化学的には不活性。異常な物理的,化学的性質を示すことが多い。たとえば,ホウ化ジルコニウム,ホウ化チタンの電気伝導度熱伝導度はそれら金属自身の値の 10倍程度大きく,融点は 1000℃。六ホウ化希土類元素のうちには熱イオン放射体としてすぐれたものがあり,リンおよびヒ素のホウ化物は高温半導体として有望で,準金属ホウ化物には異常に高い化学的安定性を示すものが少くない。工業的には炭素と炭化ホウ素混合物による金属酸化物の還元,溶融塩電解,元素間の直接反応などにより製造する。組成的には通常の原子価の概念に一致しないもの,不定比化合物が多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホウ化物の関連キーワード非酸化物系セラミックス非化学量論的化合物鉄鋼表面硬化法侵入型化合物サーメットセラミック超硬合金耐熱材料析出硬化硬質材料硼化物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android