ホコリタケ

  • Lycoperdon perlatum Pers.
  • ほこりたけ / 埃茸

百科事典マイペディアの解説

キツネノチャブクロとも。世界に広く分布し,山野地上に群生するホコリタケ科のキノコ。タマネギ状で基部はのびて柄になる。初め肉質,後に内部は古綿状,表皮は黄褐色の薄革質となり,細かいいぼ状突起密生。頭部の上端が開孔し無数の胞子が飛び散る。近縁種が多く,若い白色肉質のものは食用になる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

担子菌類ホコリタケ目ホコリタケ科のキノコ(イラスト)。一名キツネノチャブクロ。高さ4~6cm,頭と柄の2部からなり,頭部は球状にふくらんだ袋状で,中に胞子をつくる。表面は初め灰白色,のち灰褐色,とがった粒状の突起をおびる。内部の肉は初め白いはんぺん質だが,胞子ができ始めると黄みをおび,ついには灰緑褐色となり,粉まみれの古綿状になる。粉は胞子で,頭の頂端にできる小さな穴からのように胞子を出す。キノコの下半部は円柱状の柄となり,その内部はスポンジ状で強靱。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

担子菌類、ホコリタケ目ホコリタケ科のキノコ。キツネノチャブクロともいう。いわゆる腹菌類の仲間で、山野に普通にみられる。キノコは宝珠形で、球状の頭部と円柱状の柄(え)の部分とからなる。高さ4~5センチメートル。表面は初め白いが、しだいに灰褐色になり、粒状の突起を帯びるようになる。内部の肉は初め白く、微細な穴を帯びるスポンジ状である。この穴の内面に胞子がつくられる。胞子が成熟するにつれて肉は灰緑褐色になり、水分を失ってほこりにまみれた古綿状となる。柄の部分は強靭(きょうじん)なスポンジ質で、灰褐色。胞子は頭部の頂端にできる穴から粉ぼこりとなって噴き出る。胞子は球形、淡褐色、細かい突起で覆われる。大きさは径4~5マイクロメートル。世界中に分布するもっとも一般的なキノコで、肉が白い幼菌は食用になる。キツネノチャブクロに似るキノコにタヌキノチャブクロがある。この種は朽ち木に群生し、ほとんど柄を欠く球状のキノコで、比較的よく目につく。

[今関六也]

ホコリタケ科のキノコ

ホコリタケ科には、ホコリタケ属Lycoperdon、ノウタケ属Calvatia、オニフスベ属Lanopila (Lasiosphaera)などがある。ノウタケ属やオニフスベ属のキノコは、胞子が成熟すると外皮が不規則に破れて内部を露出する。いずれも若いときは食用になるが、食品としての価値はそれほど高くない。日本ではホコリタケ科の研究が遅れており、まだ10余種が記録されているにすぎない。しかし、無名種も多く、今後の研究がまたれるところである。なお、ホコリタケ科のキノコを中国名ではバボツ(馬勃)、英名ではパフボールpuffballとよぶ。

[今関六也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホコリタケの言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…赤い毒々しいキノコは悪魔に関係づけられ,生長がひじょうに早いため小人や妖精とも結びつく。なかでもホコリタケはほこりのいっぱい詰まった袋の形で人々の注意をひき,これが雨後多量にあらわれることから雨の妖精とみなされ,キリスト教改宗前には,人間に恵みの雨を降らせるトール神の娘とされた。キノコの起源に関係のある聖徒伝説もある。…

※「ホコリタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android