コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホニウム塩 ホスホニウムえんphosphonium salt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスホニウム塩
ホスホニウムえん
phosphonium salt

一般式 [PH4]X で表わされる化合物,およびこの水素原子をアルキル基またはアリール基で置換した化合物をいう (ここで X は1価の陰イオン) 。すなわちホスホニウム塩は,アンモニウム塩の窒素原子をリン原子に置き換えた化合物と考えることができる。ホスホニウム塩は一般に不安定で,加熱,アルカリなどによってホスフィンと酸とに分解するが,4個の水素が全部アルキル基などで置換された第四ホスホニウム塩は安定である。製法は,一般には対応するホスフィンに酸を作用させて合成するが,第四ホスホニウム塩は第三ホスフィンにハロゲン化アルキルなどを反応させて合成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホスホニウムえん【ホスホニウム塩 phosphonium salt】

アンモニウム塩に対応するリン化合物で,一般式PH4X,RPH3X,R2PH2X,R3PHX,R4PX(Rはアルキルまたはアリール基,Xはハロゲン)で表され,前4者はそれぞれPH3,RPH2,R2PH,R3Pとハロゲン化水素HXとの反応で合成され,R4PXは三級ホスフィンR3Pとハロゲン化アルキルRXとの反応で合成される。R4PIは酸化銀との反応で,強塩基であるR4POHを生成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホスホニウム塩の関連キーワードアルソニウム塩有機リン化合物相間移動触媒防火加工