コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホドイモ

3件 の用語解説(ホドイモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホドイモ

ホドとも。北海道〜九州,中国の山野にはえるマメ科のつる性多年草。地下に塊根があり,茎は細く長さ2m以上になり,葉は長卵形の小葉3〜5枚からなる羽状複葉。夏,葉腋から長い花穂を出し,長さ約7mmの緑黄色の蝶(ちょう)形花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホドイモ【Apios fortunei Maxim.】

ホドともいう(イラスト)。日当りのよい林縁でよくみられるマメ科のつる性多年草。細長い地下茎があり,その所々に紡錘体の塊根がある。地上に伸びている茎は塊根の頂端や地下茎の途中から枝分れしており,長さ2m以上になる。葉は5枚の小葉をもつ複葉で,マメ科の中では数少ないものである。小葉は卵形で,先はやや長く伸びており,長さ5~12cm。花期は7~9月。葉腋(ようえき)から伸びた長い花序に多数の蝶形花が穂状につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホドイモ
ほどいも / 塊芋
[学]Apios fortunei Maxim.

マメ科の多年草。単にホドともいう。地下茎は細長く、ところどころに塊根がある。地上茎は細く、つる性で他物に巻き付く。葉は互生し、3~5小葉からなる羽状葉で、柄があり、頂小葉は卵形で先はとがる。脱落する托葉(たくよう)がある。7~8月、葉腋(ようえき)から10センチメートル以上の花軸を出し、淡黄白色の花をつける。萼(がく)筒は鐘形、花弁は5枚、竜骨弁はねじれる。莢(さや)は広線形で長さ5センチメートル、上下両縁で裂開し、中に多数の種子がある。林縁や林下に生え、北海道から九州に分布する。塊根は食用となる。[籾山泰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホドイモの関連キーワードイラストレーターイラストイラストマップ日当当り狂言作当り参照電極手当り日当り

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホドイモの関連情報