コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホノリウス3世 ホノリウスさんせいHonorius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホノリウス3世
ホノリウスさんせい
Honorius III

[生]?. ローマ
[没]1227.3.18. ローマ
ローマ出身の第177代教皇在位 1216~27)。本名 Cencio Savelli。最も偉大な教皇の一人に数えられる。貴族出身で,教皇インノケンチウス3世(在位 1198~1216)により司祭枢機卿(→カーディナル)に叙階され,1216年7月に後継の教皇となった。登位後まもなく,エルサレム王国を奪還するため,第5次十字軍を派遣した。また,ドイツ王フリードリヒ2世(シチリア王フェデリーコ1世)に第6次十字軍を率いる約束を取りつけ,1220年には神聖ローマ皇帝として戴冠したが,フリードリヒ2世は遠征を何度も先延ばしし,結局出発したのは教皇の死後であった。また,敵対していたカスティリア王国レオン王国を和解させるなど,カトリック諸国間の平和を巧みに維持した。1226年にはアルビジョア十字軍の指揮をフランス王ルイ8世(在位 1223~26)に命じた。在位中,ドミニコ会フランシスコ修道会カルメル会の三つの修道会が承認された。ホノリウスによる教皇教令集の第5集 "Compilatio quinta"は初の教会法の書とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホノリウス3世の関連キーワードホノリウス4世フランシスコ会ネマニッチ朝ネマーニヤ朝ドミニクス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android