コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンチウス3世 インノケンチウスさんせいInnocentius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス3世
インノケンチウスさんせい
Innocentius III

[生]1160/1161. ガビニャーノ
[没]1216.7.16. ペルジャ
イタリアのガビニャーノ出身の第176代教皇在位 1198~1216)。本名 Lotario di Segni。中世で最も傑出した教皇の一人であり,その治世において教皇権は絶頂に達した。パリで神学,ボローニャで教会法と市民法を学び,1190年頃教皇クレメンス3世により枢機卿(→カーディナル)に叙任され,1198年1月に 37歳の若さで教皇に選出された。教皇権の伸長と教皇領の失地回復に努め,全ヨーロッパの国政に干渉。神聖ローマ帝国の帝位争いではオットー4世を助けて 1209年に戴冠させたが,のちにオットー4世がイタリア領を要求したため破門,1215年にフリードリヒ2世を皇帝としシチリア領を与えた。イギリス王ジョンをはじめアラゴン,ブルガリア,ポルトガルの王に,その領土を教皇からの封土とさせた。フランス王フィリップ2世の離婚にも介入し,2人目の王妃インゲボルクと復縁させる。また第4回十字軍を派遣し,1204年コンスタンチノープルを奪回してラテン帝国を樹立した。1215年には第4回ラテラノ公会議を招集,ワルド派(→ワルド)とアルビ派を排斥し,フランシスコ修道会ドミニコ会の創立を承認,旧修道会を改革し,教理や規律でも重要な決定をくだした。

インノケンチウス3世
インノケンチウスさんせい
Innocentius III

[生]?. セッツェ
[没]?. ラ・カバ
教皇アレクサンデル3世(在位 1159~81)の対立教皇(在位 1179~80)。本名 Lando Di Sezze。アレクサンデル3世に対して擁立された 4人の対立教皇のうち,最後の一人。ドイツ系の出自で,1179年9月に教皇に選出されたときは枢機卿(→カーディナル)であった。1180年1月にアレクサンデル3世によって南イタリアのラ・カバにある修道院へ追放され,そこで死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

インノケンチウス3世の関連キーワードフィリップ・フォン・シュワーベン諸侯の利益のための協定インノケンチウス4世プランタジネット朝アルビジョア十字軍ホノリウス3世レイモン6世リュシェールペテロ世襲領パンダルフ子供十字軍アセン兄弟クーリン原始主義ラントン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android