コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルサレム王国 エルサレムおうこくKingdom of Jerusalem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルサレム王国
エルサレムおうこく
Kingdom of Jerusalem

十字軍によってエルサレムに樹立された王国 (1099~1291) 。 11世紀頃,ヨーロッパ・キリスト教徒の聖地であるエルサレムにセルジューク・トルコが進出して,巡礼して訪れるキリスト教徒に迫害を加えたので,時の教皇ウルバヌス2世は,1095年クレルモンに宗教会議を開き,聖地回復を宣言した。その要請に応じて,フランスの騎士を中心にした第1次十字軍が 96年に結成されて遠征の途につき,小アジア地方を経て 99年にエルサレムに到着,トルコ軍と激戦して聖地を奪回し,ここにエルサレム王国を建設した。しかし,その後まもなくトルコ人は再び勢いを得て,エルサレム王国の存立は危機に瀕したため,第2次十字軍 (1147~49) がこれを救援するため遠征したが失敗して帰国,続いて第3次 (89~92) ,第4次 (1202~04) ,第5次 (18~21) ,第6次 (27~45) ,第7次 (48~68) ,第8次 (68~91) と十字軍の遠征が行われたが,いずれも成功せず,エルサレム王国の再建は失敗に終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルサレム王国
えるされむおうこく

第1回十字軍のエルサレム占領(1099年7月15日)直後、シリア、パレスチナに創設されたラテン人国家。西欧型封建制を模したエデッサ伯領、アンティオキア侯領、トリポリ伯領とともに聖地四国を形成し、その宗主国となった。初代君主はフランス人十字軍士ゴドフロア・ド・ブイヨンで聖墓保護者と号し、第2代ボードアン1世以後、各君主は国王と称した。
 地中海東岸の主要港市と内陸の城塞(じょうさい)を拠点とし、ベネチア、ジェノバなどの西欧艦隊と、テンプル、聖ヨハネなどの騎士修道会の常駐兵力を中心に、数次の十字軍と協力してイスラム側の包囲態勢に対抗し、2世紀近く中近東植民地を維持した。宗教的には、国内の東方正教会をローマ系の総大司教管下に再編した。文化面では、東西交流に貢献したが、1187年サラディンによってエルサレム市が奪還され、アッコを臨時首府として領土挽回(ばんかい)に努めたすえ、1291年マムルーク朝スルタンのハリールによって滅ぼされた。[橋口倫介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエルサレム王国の言及

【エルサレム】より

…10~11世紀のイブン・ハウカル,マクディシーナーシル・ホスローらの旅行家,地理学者は,この都市の重要性に関する知見を記述したが,そこではムスリム支配下でエルサレムが3宗教の共存する都市としての性格を発展させていたことが示されている。1095年バグダードでの輝かしい地位をなげうったガザーリーがまず赴いたのはエルサレムであり,アクサー・モスクはイスラム思想史に画期をひらく彼の新しい思索の場となったが,そのわずか4年後の99年,同市は十字軍に占領され,エルサレム王国が建設されることになる。 十字軍イデオロギーは,聖地がイスラム教徒によって奪われているという認識に立脚していたが,奪回すべき聖地におしよせた十字軍は,そこに東方教会のキリスト教徒が,アラブとして平和裡に生活していることを発見することになる。…

【十字軍】より

… 公式十字軍をその戦略的側面から時代区分すると次の4段階となる。(1)初期十字軍 11世紀末~12世紀末,エルサレム王国(1099‐1187)建設期とその攻勢的防衛期。(2)中期十字軍 13世紀前半,占領地の守勢的維持期。…

※「エルサレム王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルサレム王国の関連キーワードエルサレム(パレスチナ)西アジア史(年表)十字軍史(年表)ホノリウス3世神殿騎士修道会フスタートカラク城カラク

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android