コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホバリング hovering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホバリング
hovering

航空機が空中の一点に静止した飛行状態。停止飛行ともいう。ヘリコプタティルトロータ,あるいはジェット噴射を利用した垂直離着陸機にのみ可能な飛行である。これらの上向きの推力と機体の重量が釣り合うことにより実現できる。ホバリング高度が上がるにつれて空気密度が小さくなるので,必要な推力も大きくなる。他方,エンジン出力も高度が増すにつれて低下する。したがって,たとえばヘリコプタの場合,一定高度以上では重量に釣り合う推力が発揮できなくなる。このときの高度をホバリング上昇限度といい,地面効果が利用できる場合とできない場合を区別して考える。前者は標高の高い場所で離着陸する場合,後者は地面効果のきかないような高いところでホバリングしながらクレーン作業をするような場合に考慮しなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホバリング(hovering)

ヘリコプターやハチドリなどが、空中で停止飛行すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホバリング【hovering】

ヘリコプターが、空中で停止している状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のホバリングの言及

【運動】より

…これらヘリコプター型の飛翔をする動物は,一般に飛びかたがうまく,急上昇,急降下をはじめ,細かな動きができる。ハエなどは天井にさかさにとまった位置から瞬間的に飛びたつことができ,また長時間静止飛翔(ホバリング)をつづけることも可能である。ムササビやヒヨケザル,トビトカゲ,トビガエルなどは,翼に似た皮膜をもっており,これで滑空する。…

【鳥類】より

…一方ゆっくりと,木などをさけて飛ぶ必要のある場合は翼面積が大きく,翼幅は小さいほうが有利である。非常に特殊な飛翔法は飛びながら空中の1点でとどまるホバリングhoveringで,ハチドリ類でとくによく発達している。 鳥の飛ぶ速度はもちろん飛翔条件によって異なり,また正確に測定することは困難である。…

【飛翔】より

…昆虫,鳥,コウモリなどの動物が行う飛翔には,さまざまな方法があるが,最も典型的なのは,はばたき飛行flapping flightであろう。そのほかにも,滑空glidingや空中停止飛行hovering(ホバリングともいう)などもよく見られる。はばたき運動はほとんどの飛翔動物に見られる。…

【ヘリコプター】より

…ふつうの固定翼機(飛行機)では,前進することによってはじめて翼に揚力が発生し,しかもその大きさは飛行速度の増加とともに増すので,一定の速度以下では飛行できない。これに対してヘリコプターの場合,ローターを回転させるだけで揚力が発生できるので垂直に離着陸できるとともに,空中に静止,すなわちホバリングhoveringすることも可能である。
[歴史]
 ローターによる飛行のアイディアの最初は,古く中国の竹とんぼにさかのぼるといわれる。…

※「ホバリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホバリングの関連キーワード岐阜県防災ヘリの墜落事故チョウゲンボウ(長元坊)ハイブリッド航空機ベル412EP型オートジャイロ対潜ヘリコプタ川崎OHヘリコプターヒバシヨウジオスプレイ中性浮力停空飛翔アール飛翔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホバリングの関連情報