コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地面効果 じめんこうかground effect

2件 の用語解説(地面効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地面効果
じめんこうか
ground effect

航空機が地面または水面の近くを飛行する場合,地面または水面の影響によって主翼や尾翼のまわりの流れが曲げられ,自由な大気中とは異なった力やモーメントを生ずる。この現象を総称して地面効果といい,航空機離着陸などに影響を及ぼす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じめんこうか【地面効果 ground effect】

航空機が離着陸するときのように,地面(あるいは水面)すれすれを飛ぶときには,地面の存在によって機体のまわりの空気の流れは,高空を飛ぶときとようすが違ってくる。この地面の存在による空気の流れの変化から航空機が受ける影響を地面効果と呼んでいる。飛行機の場合,主翼に揚力を発生させた空気の流れは,翼の後ではやや下向きの流れになっている。この流れを吹きおろしと呼んでいるが,この吹きおろしが地面に遮られて地表に平行に流れるようになると,尾翼の効きが低下して,バランスが崩れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone