コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地面効果 じめんこうか ground effect

2件 の用語解説(地面効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地面効果
じめんこうか
ground effect

航空機が地面または水面の近くを飛行する場合,地面または水面の影響によって主翼や尾翼のまわりの流れが曲げられ,自由な大気中とは異なった力やモーメントを生ずる。この現象を総称して地面効果といい,航空機離着陸などに影響を及ぼす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じめんこうか【地面効果 ground effect】

航空機が離着陸するときのように,地面(あるいは水面)すれすれを飛ぶときには,地面の存在によって機体のまわりの空気の流れは,高空を飛ぶときとようすが違ってくる。この地面の存在による空気の流れの変化から航空機が受ける影響を地面効果と呼んでいる。飛行機の場合,主翼に揚力を発生させた空気の流れは,翼の後ではやや下向きの流れになっている。この流れを吹きおろしと呼んでいるが,この吹きおろしが地面に遮られて地表に平行に流れるようになると,尾翼の効きが低下して,バランスが崩れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地面効果の関連キーワード垂直離着陸機VTOL機着陸帯着陸料不時着離着陸HLDエマージェンシーランディングCTOL機ポーポイズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone