地面効果(読み)じめんこうか(英語表記)ground effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地面効果
じめんこうか
ground effect

航空機が地面または水面の近くを飛行する場合,地面または水面の影響によって主翼尾翼のまわりの流れが曲げられ,自由な大気中とは異なった力やモーメントを生ずる。この現象を総称して地面効果といい,航空機の離着陸などに影響を及ぼす。特にヘリコプタの場合は顕著で,回転翼 (ロータ) の吹きおろし気流 (ダウンウォッシュ) が地面をたたくような低い位置でホバリングをする場合は必要馬力が少なくてすむ。そのため地面効果内と効果外のホバリング能力を区別して取り扱う。また,この効果を積極的に利用して,地面と艇体の間に空気噴流を吹き込み,そのクッション効果により艇体を浮上させ,プロペラやジェットによって高速走行させる形式の乗物を GEM (ground effect machine)または ACV (air cushion vehicle)という。エアクッション艇はそれを実用化した例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じめんこうか【地面効果 ground effect】

航空機が離着陸するときのように,地面(あるいは水面)すれすれを飛ぶときには,地面の存在によって機体のまわりの空気の流れは,高空を飛ぶときとようすが違ってくる。この地面の存在による空気の流れの変化から航空機が受ける影響を地面効果と呼んでいる。飛行機の場合,主翼に揚力を発生させた空気の流れは,翼の後ではやや下向きの流れになっている。この流れを吹きおろしと呼んでいるが,この吹きおろしが地面に遮られて地表に平行に流れるようになると,尾翼の効きが低下して,バランスが崩れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地面効果の関連情報