ホモルーデンス(英語表記)〈ラテン〉Homo ludens

デジタル大辞泉の解説

ホモ‐ルーデンス(〈ラテン〉Homo ludens)

《遊ぶ人の意》人間観の一。遊ぶことに人間の本質的機能を認める立場から人間を規定した言葉。オランダの歴史家ホイジンガが提唱した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホモルーデンス【homo ludens】

〔遊戯人の意〕
オランダの歴史学者ホイジンガの用語。遊戯が人間活動の本質であり、文化を生み出す根源だとする人間観。遊戯は生活維持を求める生物学的活動を超え、生活に意味を与えるものであると主張される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ホモ‐ルーデンス

〘名〙 (homo ludens 遊ぶ人の意) 人間観の一つ。遊ぶことに人間の本質的機能を認める立場から人間を規定した言葉。オランダの歴史家ホイジンガの用語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android