コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモ・ルーデンス ホモ・ルーデンスhomo ludens

2件 の用語解説(ホモ・ルーデンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモ・ルーデンス
ホモ・ルーデンス
homo ludens

「遊戯する人間」の意。オランダの文化史学者 J.ホイジンガの提唱した概念で,著書『ホモ・ルーデンス-遊戯における文化の起源』 (1938) は,遊戯思想史上一時期を画した。従来,遊戯は文化のなかから出てくるものであり,文化のほうが上位概念であると考えられていたが,ホイジンガはこの考え方を逆転させて,原初から文化は遊戯のなかに,遊戯として発達するという画期的な主張を提出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホモ・ルーデンス

ラテン語で〈遊ぶ人〉〈遊戯人〉の意。人間の諸活動を〈遊び〉の観点から考察したホイジンガの著作(1938年)の表題でもある。同書は合理主義的人間理解の枠を越えるものとして大きな反響を呼ぶとともに,カイヨア《遊びと人間》(1958年)などの研究も生んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホモ・ルーデンスの関連情報