コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルンボステル Erich von Hornbostel

2件 の用語解説(ホルンボステルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホルンボステル【Erich von Hornbostel】

1877‐1935
オーストリアの音楽学者。ウィーンの音楽的家庭に育ち,1900年ウィーン大学より化学で博士号を得る。翌年ベルリン大学に移り,C.シュトゥンプの下で当時興隆し始めた比較音楽学の研究に従事。この年の秋,ベルリン公演中の川上音二郎・貞奴一座の音楽の録音をとり,インタビューも行い,03年に同僚のアブラハムOtto Abraham(1872‐1926)と《日本人の音組織と音楽に関する研究》を発表し,音楽学界にデビューした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルンボステル
ほるんぼすてる
Erich Moritz von Hornbostel
(1877―1935)

オーストリアの音楽学者。1905年ベルリン大学心理学研究所でシュトゥンプの助手となり、翌年より同所併設の録音資料集成所長を務める。17年ベルリン大学教授。33年ナチスに追われアメリカに移住した。音響学・心理学・生理学の概念と方法を世界の諸民族の音楽研究に応用し、比較音楽学の揺籃(ようらん)期にその基礎を築いた。なかでもクルト・ザックスと共作の楽器分類法(1914)は、世界中の楽器を網羅的・系統的に分類した初めてのものとして、今日でも広く使われている。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホルンボステルの言及

【楽器】より

…たとえば,ブル・ロアラー,アフリカの親指ピアノ,世界に広く分布するジューズ・ハープ(口琴)などがそれである。このため楽器学や民族音楽学で楽器を分類する場合は,この3分法でなく,通常ホルンボステルとC.ザックスが《楽器分類学》(1914)で提唱したザックス=ホルンボステル法と呼ばれる分類法を用いる。それによると,あらゆる楽器は,まず体鳴楽器idiophones,膜鳴楽器membranophones,弦鳴楽器chordophones,気鳴楽器aerophonesの4種類に分類され,それぞれがさらに細かく分類される。…

【民族音楽学】より

…ドイツの心理学者C.シュトゥンプはベルリン大学に心理学研究所を設立したが,比較音楽学に深い関心を寄せ,1900年から録音による諸民族の音楽の収集を始め,05年にはそこにフォノグラム・アルヒーフを併設するに至った。このフォノグラム・アルヒーフの所長としてシュトゥンプに協力したE.M.ホルンボステルこそベルリンを比較音楽学の中心地とした人物である。彼は協力者アブラハムOtto Abraham(1872‐1926)と録音された異文化の旋律を採譜し,その音構造を解明しようと試みた。…

※「ホルンボステル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホルンボステルの関連キーワードオーストリア学派ハンオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケコルナウトスィッツキーフリーベルガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone