コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーフマン ホーフマン Hofmann, August Wilhelm von

4件 の用語解説(ホーフマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーフマン
ホーフマン
Hofmann, August Wilhelm von

[生]1818.4.8. ギーセン
[没]1892.5.5. ベルリン
ドイツ有機化学者。ギーセン大学の J.リービヒの化学実験室で学んだあと,ロンドンに新設されたばかりの王立化学大学の初代教授に招かれ (1845) ,以後 20年にわたって有機化学の研究,教育の両面でイギリス化学界に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホーフマン
ホーフマン
Hofmann, Hans

[生]1880.3.21. バイセンブルク
[没]1966.2.17. ニューヨーク
ドイツ生れのアメリカの画家。ミュンヘンで学んだのち,パリでマチスに絵を学び,1910年ベルリンで最初の個展を開く。 15年ミュンヘンに絵画学校を設立。 1930年代にはアメリカへ移り,ニューヨークにも研究所を開設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホーフマン
ホーフマン
Hofmann, Melchior

[生]1495頃.シュウェービッシュハル
[没]1543頃.シュトラスブルク
ドイツの聖職者。再洗礼派。毛皮商人であったが俗人宣教師として北部ドイツや北ヨーロッパ東ヨーロッパで活躍。 1527年デンマーク王によりキールの説教師に任じられたが,H.ツウィングリの説く聖餐説を奉じて M.ルターに警戒され,やがてデンマークを追われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホーフマン【August Wilhelm von Hofmann】

1818~1892) ドイツの化学者。コールタールからアニリンを発見。窒素化合物の合成・反応を研究し、タール工業や合成染料工業の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーフマンの関連キーワードアイリッシュハープシュウェービッシュハルスノビッシュスパニッシュハーレムビットキャッシュリハービッシュグロービッシュリファービッシュムービッシュシュウェービッシェ・ユーラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーフマンの関連情報