コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーフマン Hofmann, August Wilhelm von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーフマン
Hofmann, August Wilhelm von

[生]1818.4.8. ギーセン
[没]1892.5.5. ベルリン
ドイツの有機化学者。ギーセン大学の J.リービヒの化学実験室で学んだあと,ロンドンに新設されたばかりの王立化学大学の初代教授に招かれ (1845) ,以後 20年にわたって有機化学の研究,教育の両面でイギリス化学界に貢献した。 1865年,ベルリン大学教授となってドイツに帰り,68年にはドイツ化学会の設立に尽力。ギーセン大学在学中からコールタールを研究対象に選び,その後一貫して有機化学の研究にたずさわった。彼の研究教育活動は,19世紀後半のドイツ化学産業,とりわけ染料工業の興隆に資するところが大きかった。またホルムアルデヒド,不飽和アルコールなどの発見,ホーフマン反応の発見でも著名である。

ホーフマン
Hofmann, Hans

[生]1880.3.21. バイセンブルク
[没]1966.2.17. ニューヨーク
ドイツ生れのアメリカの画家。ミュンヘンで学んだのち,パリでマチスに絵を学び,1910年ベルリンで最初の個展を開く。 15年ミュンヘンに絵画学校を設立。 1930年代にはアメリカへ移り,ニューヨークにも研究所を開設。色面構成による抽象絵画を展開し,第2次世界大戦後のアメリカ抽象絵画の動向に大きな影響を与えた。

ホーフマン
Hofmann, Melchior

[生]1495頃.シュウェービッシュハル
[没]1543頃.シュトラスブルク
ドイツの聖職者。再洗礼派。毛皮商人であったが俗人宣教師として北部ドイツや北ヨーロッパ,東ヨーロッパで活躍。 1527年デンマーク王によりキールの説教師に任じられたが,H.ツウィングリの説く聖餐説を奉じて M.ルターに警戒され,やがてデンマークを追われた。シュトラスブルクに来て再洗礼派に改宗し,1530年東フリースラントにおもむいて低地地方に再洗礼派を広めた。 33年再びシュトラスブルクに戻って,自説の確立をはかったが捕えられた。 43年 11月 19日に獄中にあったが,これが彼の最後の記録である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ホーフマン【August Wilhelm von Hofmann】

1818~1892) ドイツの化学者。コールタールからアニリンを発見。窒素化合物の合成・反応を研究し、タール工業や合成染料工業の基礎を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ホーフマンの関連キーワードカール・ヤーコプ ブルクハルトR. ボルヒャルトベール=ホーフマンチャンドス卿の手紙不飽和アルコールホルムアルデヒドオーストリア文学ホフマンスタールザルツブルク祝祭オーストリア演劇イェーダーマン合成染料工業象徴主義演劇12月25日ランドルフィブルクハルト12月21日コールタールアンドレアス新ロマン主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android