コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホー ホー Hoe, Richard March

4件 の用語解説(ホーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホー
ホー
Hoe, Richard March

[生]1812.9.12. ニューヨーク
[没]1886.6.7. フィレンツェ
アメリカの印刷業者。ニューヨークに印刷機製造工場を設立したイギリス生れの機械工 R.ホーの息子で,1827年父の会社に入り,その死後社長となった。シリンダ印刷機を改良して,生産のスピード,質,量を高め,印刷過程に大変革をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホー
ホー
Ho

ガーナ南東部の町。ボルタ州の州都。アクラ北東約 135kmに位置。南方のサバナと北方の森林地帯との境界付近にあり,パーム油パーム核,綿花,カカオボルタ湖淡水魚などを集散。住民の半数以上はエウェ族

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホー【hoe】

くわ(鍬)を意味するが,犁農耕の西洋では,くわは中耕除草や園芸でおもに使われる。したがって,ホーすなわち西洋のくわは,中耕除草具を意味し,くわ農耕で高い水準に達した日本農業における〈くわ〉と直訳的にイメージすると理解を誤る。日本では〈万能〉がこれに対応する。なお,近代になって開墾され西洋農具を受け入れた北海道などでは,万能といわずホーと呼ぶことが多い。種類は地方,作物によってさまざまであるが,そのいくつかを図に示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホー【HOH】

言語獲得以前に聴覚に障害をきたしたが言語獲得を妨げるに至らなかった者、および言語を獲得して後に、程度のいかんを問わず聴覚に障害をきたした者の総称。 → デフ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホーの言及

【園芸】より

…しおれない程度に水をやるといえば簡単なようだが,〈水やり三年〉という言葉があるように,むずかしい。露地に種子をまいた直後などは,ホースやじょうろで乱暴に水をまくことはひかえるべきである。このような場合は,敷きわらを敷き,静かに細目のじょうろで水をかけるとよい。…

※「ホー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホーの関連キーワード墾田直観ロゴス束脩立ち往生くわ(鍬)《栽培植物と農耕の起源》《農耕の起源と伝播》東白菊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーの関連情報