コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウイ Bowie, James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウイ
Bowie, James

[生]1796?.ケンタッキーローガン
[没]1836.3.6. テキサス,サンアントニオ
アメリカ合衆国,テキサス独立運動の英雄。ルイジアナでサトウキビのプランテーション経営,土地投機などを行なったのち,1828年テキサスに移住。 1836年テキサス独立運動に参加し,アラモの戦いで戦死。ボウイの豪胆さと勇気は,カントリー・アンド・ウェスタンに歌われ伝説的となった。またボウイ・ナイフの発明者といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボウイ(David Bowie)

[1947~2016]英国のロックシンガー。1970年代前半からグラムロックの代表格として人気を博す。その後、時代と共に音楽性を変容させながら活動を続け、ポピュラー音楽界に大きな影響を与えた。また、俳優としても活躍。代表作にアルバム「ジギー‐スターダスト」「レッツ‐ダンス」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボウイ

英国のロック歌手,俳優。ロンドン出身。1964年デビュー後,《スペース・オディティ》(1969年)の初ヒットで才能が開花,《ジギー・スターダスト》(1972年)でロック・スターの地位を確立する。
→関連項目イーノローグ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ボウイ

ツヅラフジ科オオツヅラフジなどの根茎。解熱、鎮痛作用があり生薬として使用される。表記は「防己」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウイ
ぼうい
David Bowie
(1947―2016)

イギリスのロック歌手。1970年代前半に興隆したグラム・ロック(きらびやかに着飾ったミュージシャンによる退廃的な雰囲気を強調したロック)の旗手として一世を風靡したが、グラム・ロック・ブームが終わった後も、音づくり、外見ともに次々と変容を繰り返しながら、ミュージシャン、パフォーマーとしての独自のポジションを確立した。三十数年にわたるキャリアを通じて、カメレオンのように変幻自在にキャラクターを演じ分けることにこそ彼のアイデンティティがあった。
 ロンドンで、デビッド・ロバート・ジョーンズDavid Robert Jonesとして誕生。1950年代のスキッフル(ギターなど簡素な楽器編成で、アメリカン・フォークソングを強烈なビートで演奏したイギリス独自の音楽)・ブームやエルビス・プレスリーに影響されてギターを弾き始め、またチャーリー・パーカーに憧れてサックスも演奏するようになった。そして、1962年、15歳で最初のバンドを結成してから1966年春ごろまでにキング・ビーズ、マニッシュ・ボーイズ、ロウアー・サード、バズといったバンドを次々につくっては解散し、その間数枚のシングルをリリースしたものの、まったく評判にならなかった。
 デビッド・ボウイと改名したころにボブ・ディランのライブを観て感銘を受け、ソロに転向。1966年にソロとしての初シングル「ドゥ・エニシング・ユー・セイ」をEMI傘下のパイ・レーベルから発表し、さらにデラムに移籍して1967年に初ソロ・アルバム『ラブ・ユー・ティル・チューズデイ』をリリースするが、これもほとんど話題にならなかった。しかしそんなころ、舞踊家/パントマイム・アーティストのリンゼイ・ケンプLindsay Kemp(1938― )に出会い、弟子入り、演劇も含むパフォーマンス全般について学び、ミュージシャンとしての表現の幅を広げてゆく。こうした経験の蓄積が最初に開花したのが、1969年、スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』にヒントを得て書かれた初のヒット曲(全英チャート5位)「スペース・オディティ」であり、同年、この曲を含むアルバム『デビッド・ボウイ』(後に『スペース・オディティ』Space Oddityとタイトルが変えられた)もリリース、ようやく音楽シーンでその才能が認められた。
 1970年代に入ると、T・レックスによって引き起こされたグラム・ロック・ムーブメントとシンクロナイズする形で、ボウイの表現もますます妖艶さを際立たせるようになり、人気も急上昇、『ハンキー・ドリー』(1971)、『ジギー・スターダスト』(1972)、『アラジン・セイン』(1973)といったヒット・アルバムを連発。とりわけ、SF的ストーリーを軸にしたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』は、グラム・ロックとしてのみならず、ロックの歴史に残る傑作として高く評価されている。
 その後も、黒人音楽に接近した『ヤング・アメリカン』(1975)や『ステーション・トゥ・ステーション』(1976)、ブライアン・イーノを制作スタッフに迎えてプログレッシブ・ロック的な重厚な世界を展開した『ロウ』(1977)と『ヒーローズ』(1977)、パンク/ニュー・ウェーブ的ニュアンスの強い『スケアリー・モンスターズ』(1980)、1980年代ならではの黒人的ビート感とデジタル感を強調した『レッツ・ダンス』(1983)等々、時代の趨勢をみきわめながら、半歩先を行くヒット作をリリースした。
 同時に1970年代末期からは俳優としても活躍し、『ジャスト・ア・ジゴロ』(1978)、『ハンガー』『戦場のメリー・クリスマス』(ともに1983)、『ビギナーズ』(1986)、『ラビリンス~魔王の迷宮』(1986)といった映画、あるいはブロードウェー劇『エレファント・マン』やドラマ『バール』などに出演、総合的パフォーマーとしての人気と地位を不動のものとした。
 1980年代末期から1990年代前半にかけては、ロックン・ロールの原初的パワーを取り戻そうと、突然ティン・マシーンというロック・バンドを始動させファンを驚かせたが、商業的には不発だった。同時に、音楽的な焦点がはっきりしないアルバムが続くなどアーティスト・パワーにも翳りが見え始めたが、1990年代後半あたりから徐々に復活し、2002年に出たソロ・アルバム『ヒーザン』は久々に大きな話題となった。[松山晋也]
『アンジェラ・ボウイ、パトリック・カー著、豊岡真美訳『哀しみのアンジー』(1993・大栄出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボウイの関連キーワードグラム・ロック[glam rock]ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマスアート・アンサンブル・オブ・シカゴスティーヴィ・レイ ボーンフィリップ ウィルソンモーガン フィッシャー戦場のメリークリスマスルイーズ フレッチャーアンダー・プレッシャーエイドリアン ブリュールーサー ヴァンドロスヤング・アメリカンズワイルドサイドを歩けすべての若き野郎どもMarionetteダンカン ジョーンズアダム ランバートナイル ロジャース地球に落ちて来た男ミック・ジャガー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボウイの関連情報