(読み)ボウ

  • ぼう バウ
  • ぼう〔バウ〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

部屋。小部屋。
僧の住む所。坊。
二十八宿の一。東方の第四宿。(さそり)頭部にある四星をさす。そいぼし。房宿
常用漢字] [音]ボウ(バウ)(呉) ホウ(ハウ)(漢) [訓]ふさ
〈ボウ〉
母家の両わきの小部屋。広く、部屋。住まい。「房室官房監房空房工房茶房(さぼう)山房書房僧房暖房厨房(ちゅうぼう)同房独房女房(にょうぼう)文房冷房
夫婦の寝室。夫婦の交わり。「房事・房中術/閨房(けいぼう)
部屋のような空間に仕切られたもの。「子房心房・蜂房(ほうぼう)」
安房(あわ)国。「房州房総
〈ふさ(ぶさ)〉「玉房・乳房(ちぶさ)花房・一房」
[難読]阿房(あほう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① へや。つぼね。特に堂のかたわらの小部屋など。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② =ぼう(坊)(一)④〔名語記(1275)〕
※続日本紀‐養老元年(717)一一月甲辰「遣唐使水手已上、一房徭役咸免」
④ 「かんぼう(監房)」の略。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「お浪と梅次は、別々の房(バウ)に不審の胸を押へて考へて居た」
⑤ 部屋のように区切られた形。「子房」「心房」など。〔生物学語彙(1884)〕
⑥ 武装した僧侶。法体の武士。
※宗五大草紙(1528)衣装の事「すはう袴かたぎぬ小袴などの紋の事〈略〉房小者は人の目に立候やうになるが能候」
⑦ 雑用に召し使われる人。
※鵤荘引付‐永正一一年(1514)「五百文〈略〉二百文 同方房与之」
⑧ 「にょうぼう(女房)」の略。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)九「時姫を奪返して来たらすぐにぼうにやらう。ヤ女房にやらうと言しゃりましたは」
[2] 二十八宿の東方第四宿。さそり座の頭部にある四星。房宿(ぼうしゅく)。そいぼし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

房の関連情報