コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボガンダ Boganda, Barthélemy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボガンダ
Boganda, Barthélemy

[生]1910.4.4. フランス領赤道アフリカ,中央コンゴ,ボバンギ
[没]1959.3.29. 中央アフリカ共和国,バンギ付近
ウバンギシャリ(中央アフリカ共和国)の政治家。1950年代,植民地から独立国に転じる重大局面で民族主義を主導,フランス領赤道アフリカの 4植民地の政治家のなかではきわだって強い国民の支持を集めた。反植民地主義を主張する一方で実利的な考えをもち,植民地統治当局やヨーロッパの財界との交渉を通じて目的達成を目指した。農家に生まれ,ウバンギシャリで最初のアフリカ系カトリック司祭となる。カトリック伝道団のあと押しを受けて 1946年のフランス国民議会選挙に立候補し,植民地当局擁立候補を破って当選した。しかし,まもなく伝道団と対立してフランスのカトリック系政党,人民共和派を離党し,司祭も離職。1949年に自身の政党,ブラック・アフリカ社会進歩運動を創設した。1957年,フランス領赤道アフリカ大評議会議長に就任。フランスの支配を離れてアフリカ人による連邦を形成し,将来はアンゴラ,ベルギー領コンゴ,ルアンダ=ウルンディ,カメルーンも包含する「ラテンアフリカ連邦」を設立することを望んでいたが,1958年後半にこの夢が断たれると,中央アフリカ共和国の将来に関心を戻した。1958年12月に中央アフリカ共和国首相となり,独立前年の 1959年,不審な飛行機事故で死亡した。国外追放されたバンギ商工会議所の実業家らや,フランスの諜報機関,あるいは疎遠になっていた妻の関与が疑われた。国民からは国に殉じた英雄として崇敬されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボガンダの関連キーワードダッコ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android