コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス領赤道アフリカ フランスりょうせきどうアフリカ Afrique Équatoriale Française; French Equatorial Africa

3件 の用語解説(フランス領赤道アフリカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス領赤道アフリカ
フランスりょうせきどうアフリカ
Afrique Équatoriale Française; French Equatorial Africa

アフリカ大陸中西部にあったフランスの植民地。赤道アフリカとも呼ばれるチャドウバンギシャリ(→中央アフリカ共和国),中央コンゴ(→コンゴ共和国),ガボンの諸植民地の連合として 1910年に編成され,ブラザビルに総督府が置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フランスりょうせきどうアフリカ【フランス領赤道アフリカ Afrique équatoriale française】

中部アフリカに位置するコンゴガボン中央アフリカチャドフランス語圏4ヵ国が,1910‐60年,一元的な統治のもとにおかれていた植民地時代の名称。略称はAEF。1910年,三つのフランス領植民地ガボン,中部コンゴ(現,コンゴ),ウバンギ・シャリ・チャド(1914年,チャドはウバンギ・シャリ(現,中央アフリカ)から分離して独立の植民地行政単位となった)は,中部コンゴのブラザビル(中部コンゴの主都はポアント・ノアールにあった)に設けられたフランス総督府によって一元的に統治されることになり,フランス領赤道アフリカが成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス領赤道アフリカ
ふらんすりょうせきどうあふりか

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフランス領赤道アフリカの言及

【中央アフリカ】より

…フランス植民地時代はこの地域を流れる二つの川の名をとってウバンギ・シャリOubangui‐Chariと呼ばれていたが,1958年の自治共和国移行に際して現在の国名が採用された。この国名は,建国の父ボガンダBarthélemy Boganda(1910‐59)(独立の前年に事故死)が抱いていた,旧フランス領赤道アフリカを主たる構成部分とする〈中央アフリカ合衆国〉建設の理想にちなんだものといわれる。【小田 英郎】
[自然]
 国土の大部分は,標高600~900mの緩やかな起伏の高原で,国土の中央をほぼ東西に分水界が走っている。…

※「フランス領赤道アフリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フランス領赤道アフリカの関連キーワードガボンコンゴ共和国コンゴ川ホワイトアフリカ中部アフリカボンゴ山地セモンコン中央アフリカ中部アフリカ経済・関税同盟中部アフリカ諸国銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone