コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス領赤道アフリカ フランスりょうせきどうアフリカAfrique Équatoriale Française; French Equatorial Africa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス領赤道アフリカ
フランスりょうせきどうアフリカ
Afrique Équatoriale Française; French Equatorial Africa

アフリカ大陸中西部にあったフランスの植民地。赤道アフリカとも呼ばれる。チャドウバンギシャリ(→中央アフリカ共和国),中央コンゴ(→コンゴ共和国),ガボンの諸植民地の連合として 1910年に編成され,ブラザビルに総督府が置かれた。第1次世界大戦後には,フランスの委任統治領となったカメルーンも,通貨,輸送網などが一体化された。1946年に各植民地は海外領となり,1958年に自治共和国,1960年に独立国となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランスりょうせきどうアフリカ【フランス領赤道アフリカ Afrique équatoriale française】

中部アフリカに位置するコンゴ,ガボン,中央アフリカ,チャドのフランス語圏4ヵ国が,1910‐60年,一元的な統治のもとにおかれていた植民地時代の名称。略称はAEF。1910年,三つのフランス領植民地ガボン,中部コンゴ(現,コンゴ),ウバンギ・シャリ・チャド(1914年,チャドはウバンギ・シャリ(現,中央アフリカ)から分離して独立の植民地行政単位となった)は,中部コンゴのブラザビル(中部コンゴの主都はポアント・ノアールにあった)に設けられたフランス総督府によって一元的に統治されることになり,フランス領赤道アフリカが成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス領赤道アフリカ
ふらんすりょうせきどうあふりか

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフランス領赤道アフリカの言及

【中央アフリカ】より

…フランス植民地時代はこの地域を流れる二つの川の名をとってウバンギ・シャリOubangui‐Chariと呼ばれていたが,1958年の自治共和国移行に際して現在の国名が採用された。この国名は,建国の父ボガンダBarthélemy Boganda(1910‐59)(独立の前年に事故死)が抱いていた,旧フランス領赤道アフリカを主たる構成部分とする〈中央アフリカ合衆国〉建設の理想にちなんだものといわれる。【小田 英郎】
[自然]
 国土の大部分は,標高600~900mの緩やかな起伏の高原で,国土の中央をほぼ東西に分水界が走っている。…

※「フランス領赤道アフリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランス領赤道アフリカの関連キーワードチカヤ・ウ・タムシウバンギ・シャリポアントノアールブラザビル会議トンバルバエCFAフランリーブルビルCongoエルスケンボガンダボンゴダッコボカサ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android