コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスコビッチ ボスコビッチBoscovich, Ruggero Giuseppe

2件 の用語解説(ボスコビッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスコビッチ
ボスコビッチ
Boscovich, Ruggero Giuseppe

[生]1711.5.18. ダルマチア,ラグーサ
[没]1787.2.13. ミラノ
イタリア天文学者,数学者,自然哲学者イエズス会士ローマコレギウム・ロマーヌムで数学と物理学を学ぶ。1740年,同コレギウムの数学教授。1764年パビア大学数学教授。ミラノ天文台台長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスコビッチ
ぼすこびっち
Rudjer Josif Bokovi
(1711―1787)

クロアチア出身のイタリアの自然哲学者、天文学者。イエズス会に入り、1725年からローマ学院で学ぶ。卒業後、1740年から同校で数学を教えた。ヨーロッパ各地を回り(1759~1763)、帰国後、パビア大学数学教授となり、同時にミラノ近郊のブレラ天文台の設立指導にあたったが、1772年その職を解かれ、また大学の職も辞した。1773年教皇のイエズス会解散により、フランスに移り、海軍の光学監督官になるが、1782年イタリアに戻った。天文学・測地学における測定や誤差、および光学、観測装置に関して貢献。彗星(すいせい)の軌道決定法でも知られる。主著『自然哲学の理論』(1758)で、慣性と相互作用という性質のみをもつ非物質的中心点による力の普遍的法則を主張して大きな影響を与えた。[高田紀代志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボスコビッチの関連キーワード浮世草子佩文韻府秋山角左衛門御当家令条正徳会津農書高知県の建設業浅見絅斎王士禎限りの太鼓

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボスコビッチの関連情報