コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボタンエビ ボタンエビ Pandalus nipponensis

4件 の用語解説(ボタンエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボタンエビ
ボタンエビ
Pandalus nipponensis

軟甲綱十脚目タラバエビ科。体長 13~15cm。体は濃い黄赤色で,体側に不規則な赤色斑が散在している。額角は頭胸甲長の 1~1.5倍で,上縁に 17~20本,下縁に 7~10本の可動棘と先端部下縁に 0~2本の不動棘がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボタンエビ

甲殻類タラバエビ科のエビ。体は淡紅色で,濃い紅色の斑紋を有し美しい。額角(がくかく)は非常に長く,上縁に17〜20本の可動棘を,下縁に7〜10本の不動棘をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボタンエビ【Pandalus nipponensis】

十脚目タラバエビ科の甲殻類(イラスト)。食用エビで,体長14cmほどに達する。生きているときはやや濃い橙赤色で,頭胸甲の背隆起のとげと額角(がつかく)中央部付近が赤い。この体色から,この名がついたと思われる。また,第1~5腹節の側面に各2個の不規則な赤い斑紋がある。額角は頭胸甲の1.5倍内外で,上縁に17~20本(頭胸甲上に7~9本)の可動棘(かどうきよく),下縁に7~10本の不動棘がある。第1胸脚は棒状で,長節の末端部がわずかに板状になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボタンエビ
ぼたんえび / 牡丹蝦
Botan shrimp
[学]Pandalus nipponensis

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目タラバエビ科に属するエビ。水産業上の重要種。土佐湾から北海道の内浦湾にかけての水深300~500メートルに分布する日本固有種で、10月から翌年5月まで機船底引網で多量に漁獲される。体長20センチメートルを超える大形種で、濃い黄赤色に不規則な赤色斑(はん)がある。額角(がっかく)は頭胸甲長の1.5倍に達し、上縁の後半部と頭胸甲上に17~20本の可動棘(きょく)、下縁に7~10本の不動棘をもつ。第2胸脚は左右で長さが異なり、腕節は多数に分節する。ほかのタラバエビ類と同様に雄性先熟の性転換をするので、大形個体はすべて雌である。抱卵数は700~1000個である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボタンエビの関連キーワード蝲蛄富山海老沼海老北海海老北国赤海老桜蝦芝海老猩猩蝦牡丹海老ホッカイエビ(北海蝦)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボタンエビの関連情報