コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボブキャット ボブキャットLynx rufus; bobcat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボブキャット
Lynx rufus; bobcat

食肉目ネコ科体長 65~100cm,尾長 10~20cmのヤマネコで,黄褐色,灰色などの地色に黒色斑をもつ。耳は黒く,先に総毛をもつが,オオヤマネコのそれより短い。食物はアナウサギ,ノウサギ,アメリカモリネズミ,シマリスなどの小型の齧歯類や鳥類などがおもであるが,ときにオジロジカなど大型の動物を捕えることもある。おもに夜間行動する。カナダからメキシコにかけて分布し,やや開けた雑木林,藪地などにすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボブキャット(bobcat)

ネコ科の哺乳類。体長70~100センチ、尾は10~18センチと短く、体色淡褐色から赤褐色。耳の先端に長い房毛がある。北アメリカに分布し、鳥・アナウサギ・シマリスなどを捕食する。あかおおやまねこ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボブキャット【bobcat】

食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。耳先に長毛があり,尾の短いヤマネコ。カナダ南部からバハ・カリフォルニア,メキシコ中部まで分布。体長65~105cm,尾長11~19cm,肩高45~58cm,体重4~15kg。体ががんじょうで四肢が太く長く,頭部が小さいなどオオヤマネコに似るが体は小型で,尾の上縁に黒斑があり,先端に白い毛房がある。体色はふつう褐色をおびた地に灰褐色と白色の斑紋があるが,淡黄色から暗褐色のものまで変化に富む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボブキャット【bobcat】

ネコ科の哺乳類。頭胴長85センチメートル 内外、尾長15センチメートルほど。体は灰褐色ないし赤褐色。耳の先端に房毛がある。小獣や鳥などを捕食。カナダからメキシコにかけて分布。アカオオヤマネコ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボブキャット
ぼぶきゃっと
bobcat
[学]Lynx rufus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。アカオオヤマネコともいう。カナダ南部からメキシコの森林、沼沢地、岩場、砂漠などに生息する。体長75~100センチメートル、尾長10~18センチメートル、体重6.8~9.1キログラム。体は淡褐色から赤褐色まで変化に富むが、尾の上面は黒く下面は白っぽい。単独で生活し夜行性で、アナウサギ、ノネズミ、リスを主食とする。木登りや泳ぎもうまい。行動圏は食物量によって異なり、直径8~80キロメートルである。岩場や樹洞などに巣をつくり、普通2子を産むが4子のこともまれではない。一年中出産するが、おもな発情期は12月から翌年4月で、5~6月に出産が多い。妊娠期間は50~60日。天敵は成獣ではピューマ、幼獣ではキツネ、ワシミミズクで、寿命は12年ほどである。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボブキャットの関連キーワードボニースプリングスオールドネバダバクスター・ザ・ボブキャットバハ・カリフォルニアボブ クロスビーアカオオヤマネコワシミミズク内外小獣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android