コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボプタツワナ Bophuthatswana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボプタツワナ
Bophuthatswana

1994年まで南アフリカ共和国において共和国として存在した,ツワナ族の指定居住地域。バンツースタン(ホームランド)の一つ。国際的に承認されることはなかった。南アフリカの北部中央にあるウィットウォーターズランドの北,西,ボツワナとの国境沿い,その近隣などに点在する七つの特別区から構成されていた。首都ムマバソはマフィケングの北西部に位置し,1980年にボプタツワナの一部となった。ボプタツワナは「ツワナ語を話す者たちを束ねるもの」の意。ツワナ族は 1600年頃にこの地に定住したが,ズールー王国の建国者シャカが起こした戦争や 1822~37年の飢饉に苦しみ,移住して小集団となり新しい居住地をつくった。1837年にボーア人がこの地域を支配。1960年代,ボプタツワナを構成する地域はツワナ族のバンツースタンと定められた。1961年に地域評議会がつくられ,10年後に一部選挙と一部任命による立法評議会に代わった。1972年南アフリカ内の非独立バンツースタンとして,ルーカス・M.マンゴペを主席大臣とする公式の自治国となり,1977年12月に独立共和国となった。1994年,ボプタツワナはアパルトヘイト制度を廃止した南アフリカの憲法により消滅,南アフリカに再編入された。飛び地は,オレンジ自由州(→自由州)と北西州および東トランスバール州(→ムプマランガ州)の一部となった。(→シスケイトランスケイベンダ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のボプタツワナの言及

【バントゥースタン】より

…同法の骨子は(1)アフリカ人の議会代表を廃止し,(2)アフリカ人地域を言語・文化に基づいて10地域に分け,(3)将来,各地域の自治・独立を許す,というものであった。同法に基づいて,63年12月最初のバントゥースタンとしてトランスカイTranskei自治政府が発足し,次いでクワズールーKwaZulu(72年3月),ボプタツワナBophuthatswana(同年5月),シスカイCiskei(同年7月),レボワLebowa(同年9月),ガザンクルGazankuluとベンダVenda(73年1月),バソト・クワクワBasotho Qwa Qwa(74年10月),カングワネKaNgwane(77年9月)が自治国(バントゥースタン)となった。ただクワヌデベレKwaNdebeleは1951年に制定されたバントゥー統治機構法の下に置かれた。…

※「ボプタツワナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボプタツワナの関連キーワードバントゥー・ホームランドバントゥスタン原住民指定地マフェキング

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android