コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリスゴドノフ ボリスゴドノフBoris Fyodorovich Godunov

2件 の用語解説(ボリスゴドノフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボリス‐ゴドノフ(Boris Fyodorovich Godunov)

[1552ころ~1605]ロシア皇帝。在位1598~1605。タタール貴族の出身で、フョードル1世の死によるリューリク朝の断絶で即位。農奴制の強化やシベリア植民などを推進した。プーシキンの劇詩やムソルグスキーの歌劇などの主人公としても有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ボリスゴドノフ【Boris Fyodorovich Godunov】

1551頃~1605) ロシアの皇帝(在位1598~1605)。低位の貴族としてイワン四世に仕えたが、その死により皇帝となる。農奴制の強化、シベリア植民などをすすめた。その生涯はプーシキンの戯曲やムソルグスキーのオペラにとりあげられた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ボリスゴドノフの関連キーワードザビエルロンサールバンテン王国徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランスアクバル部落問題ムガル絵画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボリスゴドノフの関連情報