コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルス

百科事典マイペディアの解説

ボルス

ドイツ出身,フランスで活動した画家。本名アルフレート・オットー・ウォルフガング・シュルツェAlfred Otto Wolfgang Schulze。ベルリン生れ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボルス【Wols】

1913‐51
フランスで活躍したドイツの画家。本名アルフレート・オットー・ウォルフガング・シュルツェAlfred Otto Wolfgang Schulze。ワイマール高官を父として生まれ,幼時からバイオリンに才能を示すなど,恵まれた少年時代をドレスデンで過ごす。1932年パリに行き,絵を描くかたわら写真家として働く。第2次大戦勃発と同時に収容所に入れられ,絵が唯一の表現手段となっていく。40年収容所を出て南フランスに,終戦後はパリに住む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルス
ぼるす
Wols
(1913―1951)

ドイツ生まれの画家。本名はシュルツェAlfred Otto Wolfgang Schlzeといい、ベルリンに生まれ、パリで国際的な画家として活躍し、同地で死去した。初め写真を学び、モホリ・ナギに刺激されて1932年パリに出た。ここでシュルレアリスムのグループと交わり、描画を始める。37年パリ万国博覧会のカメラマンを務め、同時に絵画、音楽、文学など多方面の関心をもつ。40年フランスに抑留されて以後、本格的に絵画に取り組む。47年パリで個展、またカフカやサルトルの挿絵を描いて注目された。作風は繊細な線の軌跡による夢幻的な抽象画で、タシスムtachisme(汚点、しみなどを意味するフランス語タッシュに由来し、1950年代初頭の抽象表現主義的傾向の作品をさす)の創始者の1人であり、その代表的画家として評価される。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

ボルス


ヴォルスを見よ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ボルスの関連キーワードシューマッハー(Emil Schumacher)シューマン:幻想曲 ハ長調/piano soloエルンスト・テオドール リーチェルスラブ・ギリシア・ラテン学院ドミトリ メンデレーエフ障害者スポーツと企業援助ニーベルンゲンの指輪ビタウタス大公教会ニーベルンゲンの歌インナ チュリコワニーベルングの指環フレデリック2世ボルスンガ・サガランメルスベルククリスマスローズポーランド文学ジークフリートアフトゥイルカアンフォルメルメセン(女仙)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボルスの関連情報