ボルス

  • 1913―1951
  • Wols

百科事典マイペディアの解説

ドイツ出身,フランスで活動した画家。本名アルフレート・オットー・ウォルフガング・シュルツェAlfred Otto Wolfgang Schulze。ベルリン生れ。1932年パリに出て,写真家として活動。第2次大戦勃発時から1940年まで収容所生活を送る。戦後はパリに住み,おびただしい数のグアッシュと100点に満たない油彩を残した。人間の実存の悲劇を描きサルトルに注目されたほか,手法的にはアンフォルメルの先駆的存在として位置づけられている。馬肉に当たり,若くして没した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1913‐51
フランスで活躍したドイツの画家。本名アルフレート・オットー・ウォルフガング・シュルツェAlfred Otto Wolfgang Schulze。ワイマール高官を父として生まれ,幼時からバイオリン才能を示すなど,恵まれた少年時代をドレスデンで過ごす。1932年パリに行き,絵を描くかたわら写真家として働く。第2次大戦勃発と同時に収容所に入れられ,絵が唯一の表現手段となっていく。40年収容所を出て南フランスに,終戦後はパリに住む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ生まれの画家。本名はシュルツェAlfred Otto Wolfgang Schülzeといい、ベルリンに生まれ、パリで国際的な画家として活躍し、同地で死去した。初め写真を学び、モホリ・ナギに刺激されて1932年パリに出た。ここでシュルレアリスムのグループと交わり、描画を始める。37年パリ万国博覧会のカメラマンを務め、同時に絵画、音楽、文学など多方面の関心をもつ。40年フランスに抑留されて以後、本格的に絵画に取り組む。47年パリで個展、またカフカやサルトルの挿絵を描いて注目された。作風は繊細な線の軌跡による夢幻的な抽象画で、タシスムtachisme(汚点、しみなどを意味するフランス語タッシュに由来し、1950年代初頭の抽象表現主義的傾向の作品をさす)の創始者の1人であり、その代表的画家として評価される。

[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android