コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルホフ ボルホフVolkhov

2件 の用語解説(ボルホフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルホフ
ボルホフ
Volkhov

ロシア北西部,レニングラード州の都市。サンクトペテルブルグの東約 120km,ボルホフ川下流部に臨む河港都市。アルミニウム精錬を中心に,化学肥料,建設資材,食品などの工業が立地する。1926年建設の水力発電所がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルホフ
ぼるほふ
Волхов Volhov

ロシア連邦北西部、レニングラード州ボルホフ川沿岸の河港都市で工業都市。人口5万0400(2003推計)。1926年に建設された水力発電所の電力と近くのボーキサイトをもとに、ロシア革命(1917)後、最初のアルミニウム工業が立地した。セメント工業食品工業もある。鉄道の分岐点。1940年までボルホフストロイВолховстрой/Volhovstroyといった。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone