コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルホフ Volkhov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルホフ
Volkhov

ロシア北西部,レニングラード州の都市。サンクトペテルブルグの東約 120km,ボルホフ川下流部に臨む河港都市。アルミニウム精錬を中心に,化学肥料,建設資材,食品などの工業が立地する。1926年建設の水力発電所がある。鉄道分岐点。人口約 5万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルホフ
ぼるほふ
Волхов Volhov

ロシア連邦北西部、レニングラード州、ボルホフ川沿岸の河港都市で工業都市。人口5万0400(2003推計)。1926年に建設された水力発電所の電力と近くのボーキサイトをもとに、ロシア革命(1917)後、最初のアルミニウム工業が立地した。セメント工業、食品工業もある。鉄道の分岐点。1940年までボルホフストロイВолховстрой/Volhovstroyといった。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボルホフの関連キーワードジェリャーボフイリメニ[湖]ユリエフ修道院アプーフチンイリメン湖イリメニ湖ノブゴロドラドガ湖キリシネバ川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android