ボンブ熱量計(読み)ボンブねつりょうけい(英語表記)bomb calorimeter

翻訳|bomb calorimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボンブ熱量計
ボンブねつりょうけい
bomb calorimeter

物質を密閉した容器の中で急激に燃焼させ,その際に発生する燃焼熱を測定する装置。フランスの化学者 P.ベルテロの考案したものが広く使われている。高圧の酸素ガスに耐えるじょうぶな鋼鉄製の容器の中に酸素と物質を封入し,電流を通じて測定すべき物質を完全燃焼させる。容器は水熱量計の中に入れておき,発生する熱量を測定する。燃焼熱の測定値は熱化学データの基礎であり,各種化合物の生成熱を計算で求めるために必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボンブ熱量計
ぼんぶねつりょうけい
bomb calorimeter

液体または固体の燃焼熱を測定する熱量計の一種。普通に用いられる装置はフランスのベルトロPierre Eugne Berthelot(1827―1907)の考案したもので、鋼製のじょうぶな容器中に、一定量の試料と約30気圧の酸素を入れ、容器の口を閉じ、これを熱量計の水中に浸し、試料を電気的点火により燃焼させ、熱量計の温度上昇ΔTを測定する。
 実測に際してあらかじめ熱量計の熱当量を知ることが必要であり、また鉄線の燃焼熱(1グラム当り89.6カロリー)は補正として差し引かなければならない。
  燃焼熱=(熱量計の熱当量)×ΔT
で表されるから、熱量計の熱当量を知れば燃焼熱が求められる。熱量計の熱当量はボンベ、水、容器を含めた熱容量で、燃焼熱既知の標準物質の燃焼による温度上昇より求める。標準物質としては安息香酸を用いる。温度上昇は白金抵抗温度計またはベックマン温度計で測定する。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボンブ熱量計の言及

【熱量計】より

… (1)では温度変化の測定が重要な問題で,ベックマン温度計,抵抗温度計などの精密級温度計が用いられる。固体・液体物質の燃焼熱の測定に使用されるボンベ熱量計(あるいはボンブ熱量計)も水熱量計の一種である。この熱量計は,試料を密閉耐圧容器(ボンベ)中で高圧酸素のもとで完全燃焼し,その熱をボンベの周囲の水に伝え,水の温度上昇と質量から熱量を測定する。…

※「ボンブ熱量計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android