ポリヌクレオチド

化学辞典 第2版の解説

ポリヌクレオチド
ポリヌクレオチド
polynucleotide

ヌクレオチドがリン酸ジエステル結合で重合し,高分子となったものをいう.生体高分子DNARNAなどの核酸は天然のポリヌクレオチドであるが,現在では酵素的方法や化学的方法を用いて,多くの種類のポリヌクレオチドが合成されており,これらは合成ポリヌクレオチドといわれる.天然のポリヌクレオチドは,塩基部分にはアデニングアニンウラシルシトシンの4種類を含むが,塩基のうち1種類だけを含むホモポリマーや2種類だけを含むもの,さらにはその配列が2個または3個の塩基の繰り返しのものなどのポリヌクレオチドが合成され,これら合成ポリヌクレオチドを用いてコドンとアミノ酸との対応が解明された.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ポリヌクレオチド

 ヌクレオチドが多数リン酸ジエステル結合によって重合した物質で,DNAやRNAが代表的.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ポリ‐ヌクレオチド

〘名〙 (polynucleotide) ヌクレオチドの重合体。天然にはリポヌクレオチドの重合体であるリボ核酸(RNA)、デオキシリボヌクレオチドの重合体であるデオキシリボ核酸(DNA)として存在する。人工合成もされている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android