コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンタグロッサ Ponta Grossa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンタグロッサ
Ponta Grossa

ブラジル南部,パラナ州中東部の都市。州都クリティバの西北西約 100kmの高原地帯にあり,標高約 890m。ポルトガル植民地時代にブラジル南部からサンパウロ方面へ運ばれるウシの輸送中継地として発展。 19世紀末にはロシア人ポーランド人,ドイツ人などが多数移住してきた。現在豊かな農牧地帯を背後に控えて,マテ茶 (パラグアイ茶) ,木材,タバコ,米,バナナ,ウシ,ブタなどの集散地として繁栄。工業も盛んで,製材,木材加工を中心に,マテ茶,コーヒー,食肉の加工,ラード製造などが行われる。サンパウロから南に延びる幹線鉄道に沿う交通の要地で,鉄道,道路が分岐する。人口 23万 3517 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポンタ‐グロッサ(Ponta Grossa)

ブラジル南部、パラナ州の都市。州都クリチバの西約120キロメートル、標高約900メートルの高原に位置する。交通の要地で、マテ茶、大豆の集散地。南東約20キロメートルの丘の上に、奇岩群で知られるビラベーリャ州立公園がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ポンタグロッサの関連キーワードフロリアノポリス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android