コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンティアナ

2件 の用語解説(ポンティアナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポンティアナ

インドネシア領ボルネオカリマンタン)西岸の港湾都市。西カリマンタン州の州都。ほぼ赤道直下にある。カプアス川の下流に位置し,ボルネオ奥地のココヤシ,ゴム,コショウ,金などの集散地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポンティアナ【Pontianak】

インドネシア,ボルネオ島西岸の港市。西カリマンタン州の州都。人口44万9000(1996)。カプアス川デルタの北部,小カプアス川とランダク川の合流点に位置し,町は川の両岸に広がる。標高2mの低地で,満潮時には川が逆流して両岸を浸すので橋はなく,フェリー結ばれる。1772年スルタンアブドゥル・ラーマンがここに町を建設し,王国をひらいた。ポンティアナインドネシアに普遍的な女の悪霊の名であるが,ラーマンの時代,それがこの地に出現したのでその名をとって地名としたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンティアナの関連情報