コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンティアナ

2件 の用語解説(ポンティアナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポンティアナ

インドネシア領ボルネオカリマンタン)西岸の港湾都市。西カリマンタン州の州都。ほぼ赤道直下にある。カプアス川の下流に位置し,ボルネオ奥地のココヤシ,ゴム,コショウ,金などの集散地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポンティアナ【Pontianak】

インドネシア,ボルネオ島西岸の港市。西カリマンタン州の州都。人口44万9000(1996)。カプアス川デルタの北部,小カプアス川とランダク川の合流点に位置し,町は川の両岸に広がる。標高2mの低地で,満潮時には川が逆流して両岸を浸すので橋はなく,フェリー結ばれる。1772年スルタンアブドゥル・ラーマンがここに町を建設し,王国をひらいた。ポンティアナインドネシアに普遍的な女の悪霊の名であるが,ラーマンの時代,それがこの地に出現したのでその名をとって地名としたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポンティアナの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派カリマンタンセレベス海バリクパパンボルネオ島マレー語蘭領インドインドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンティアナの関連情報