コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロコンピュータ マイクロコンピュータmicrocomputer

翻訳|microcomputer

2件 の用語解説(マイクロコンピュータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロコンピュータ
マイクロコンピュータ
microcomputer

マイコンと略称される。ミニコンピュータよりもさらに小さくまとめられたもので,LSI超 LSI製造技術によって,1チップ上に収められた演算装置 (マイクロプロセッサ) やメモリチップ,入出力制御用チップなど少数のチップの集りでつくられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイクロコンピュータ
まいくろこんぴゅーた
microcomputer

コンピュータの分類の一つを表し、マイクロプロセッサーを使ってつくられた小型のコンピュータ一般をさす。多くの場合、マイクロプロセッサーとメモリーなどだけをのせた1枚の基盤でできており、物理的に「ごく小さな(micro)」ものとなる。自動車エンジンの制御、洗濯機や空調機の自動制御など、機器装置に付加価値を与える目的で組み込まれているものも多い。
 1970年代に、基盤1枚でできたマイクロコンピュータは、それこそ個人が趣味で購入できる最初のコンピュータとなった。日本語では、その意味も込めてマイコン(マイコンピュータmy computer)とよばれたが、本格的なパーソナルコンピュータ(パソコン)が生まれるとそれにとってかわられた。[筧 捷彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロコンピュータの関連情報