コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウォポルスカ Małopolska

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウォポルスカ
Małopolska

ポーランドの南部と南東部を含む歴史的地方名。別称小ポーランド。ウィシラーニェ人の土地で,10世紀末にポーランド国家の一部となった。歴史の古いポズナン・カリシュ地域 (ポロニアマヨール,ウィエルコポルスカ ) と区別するためにつけられたラテン語のポロニアミノールから出た名称。マウォポルスカ地方は鉱業,製鉄業が早くから発達し,土地が肥沃なうえ,重要な交易路や多くの町があったため,ポーランドの他の地域より栄え,政治にも大きな発言力をもっていた。ポーランド分割の結果,大部分の地域がオーストリア (ガリチア) の,一部の地域がロシアの支配下に入った。 1809年ウィスワ川とサン川の北側のオーストリア占領地域がワルシャワ公国に,さらに 1815年ロシア領ポーランド王国 (会議王国) に入った。クラクフ一帯はクラクフ共和国 (1815~46) となったが,のちオーストリアに編入された。 1918年東部地域を除いて,新生ポーランドの領土となった。この地域一帯には中世の木造教会群がいまも残り,2003年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マウォポルスカ【Małopolska】

ポーランド南東部,ビスワ川上・中流の地方を指す歴史的地方名。現在のクラクフ,キエルツェジェシュフ,ルブリンなど12県にあたる。ビスワ川をはさんで広がるマウォポルスカ台地は,西はシロンスク高地,北はビエルコポルスカ・クヤビ低地とマゾフシェ・ポドラシェ低地で区切られ,石灰岩,ケツ岩,砂岩からなり,地表はしばしば氷河堆積物やレスに覆われている。鉄鉱石や硫黄を含むが,大部分は農耕地となっている。ポーランド第3の都市クラクフはマウォポルスカ地方の文化,科学,工業の中心都市である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マウォポルスカの関連キーワードマゾフシェ・ポドラシェ低地コンラット[マゾフシェ]オシフィエンチムアウシュヴィッツシュレージエンノビ・ソンチサンドミェシピアスト朝タルヌフ