コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マエストゥ Maeztu y Whitney, Ramiro de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マエストゥ
Maeztu y Whitney, Ramiro de

[生]1874.5.4. ビトリア
[没]1936.10.28/29. アラバカ
スペインの評論家。「1898年の世代」の一人。評論『ドン・キホーテ,ドン・フアン,セレスティーナ』 Don Quijote,Don Juan y la Celestina (1926) ,『スペイン精神の擁護』 Defensa de la hispanidad (34) が有名。内乱で共和派によって銃殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マエストゥ【Ramiro de Maeztu y Whitney】

1875‐1936
スペインの政治思想家。バスク人の父とイギリス人の母の間に生まれ,1891年からのキューバ時代にややアナーキスト的な社会主義,サンディカリスム思想を形成し,〈98年世代〉の中では最も急進的でニーチェの強い影響を受けていた。第1次大戦によって思想的危機を経験して,カトリシズムとスペインに回帰し,やがて自由主義に対する反動としての極右的な思想を深めていった。第二共和国下では超保守的右派グループ〈アクシオン・エスパニョーラ〉のリーダーとなり,《スペイン性の擁護》(1934)を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マエストゥ
まえすとぅ
Ramiro de Maeztu
(1874―1936)

スペインの作家、批評家。バスク系キューバ移民を父としスコットランド出身のイギリス外交官の娘を母とする裕福な家庭に生まれる。父の砂糖工場が経営不振に陥ったため、若くしてジャーナリズムの世界に飛び込み、「98年の世代」の一翼を担う。思想遍歴も多彩を極め、初めはニーチェ主義者、次にクロポトキン流のアナキスト、サンジカリスト、それから180度転向して超保守的な「スペイン運動」の指導的理論家となるが、スペイン内戦勃発(ぼっぱつ)の年、人民戦線側により銃殺刑に処せられた。代表作に『ドン・キホーテ、ドン・ファン、ラ・セレスティーナ』(1926)、『スペイン精神の擁護』(1934)などがある。[佐々木孝]
『吉田秀太郎訳・註『愛の象徴ドン・キホーテ』(1965・大学書林)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マエストゥの関連キーワードアクシオン・エスパニョーラ