マカーレンコ

百科事典マイペディアの解説

マカーレンコ

ソ連の教育家。革命後,未成年法律違犯者収容施設〈労働コローニア〉の所長となり,少年たちの再教育に従事。その経験をもとに《教育詩》《塔の上の旗》等の教育小説を発表した。またゴーリキーの強い影響下に教育理念を形成し,〈集団における集団を通しての集団のための教育〉という集団主義教育を提唱した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マカーレンコ【Anton Semyonovich Makarenko】

1888‐1939
ソ連邦の教育者,作家。集団主義教育の提唱者として著名である。ウクライナのペロポリ市に生まれる。1917年ポルタワ高等師範学校を卒業,20年政府の要請によって浮浪児や未成年の法律違反者を収容する労働コローニアの所長となる。ゴーリキー・コローニアと名づけられたこの施設で,すさんだ少年たちの再教育にあたり,ソビエト社会にふさわしい市民の育成に成功した。その教育経験は,彼の長編小説《教育詩Pedagogicheskaya poema》(1933‐35)に詳しく描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android