マクダウェル(英語表記)MacDowell, Edward (Alexander)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクダウェル
MacDowell, Edward (Alexander)

[生]1860.12.18. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]1908.1.23. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の作曲家。ニューヨークでピアノを学び,1876年よりパリ音楽院,1878年よりフランクフルト音楽院に留学,続いてドイツに滞在し,1888年に帰国。翌1889年自作の『ピアノ協奏曲第2番』をニューヨークで演奏し名声を博した。1896~1904年はコロンビア大学音楽部の初代学部長を務めたが,大学当局と意見が合わずに辞任し,精神的過労のため悲劇的な晩年を送った。死後住居跡に夫人によりアメリカの作家,作曲家のための夏季の芸術村が建設された。作風はヨーロッパのロマン派の伝統を継いでいるが,アメリカインディアンに取材した組曲『インディアン』 (1892) などアメリカ独自の音楽も作曲した。

マクダウェル
McDowell, Ephraim

[生]1771.11.11. バージニア,ロックブリッジ
[没]1830.6.25. ダンビル
アメリカの外科医。腹部外科の先駆者。エディンバラ大学で医学を修め,1795年アメリカに帰り,ダンビルで開業。 1809年 12月に 47歳になる J.クロフォード夫人の約 9kgもある卵巣腫瘍の摘出に成功,夫人はその後三十余年間健康に過した。さらに2人の手術を行い,17年に成績を報告したが,この手術は従来不可能とされていただけに,多くの疑惑と不信を買った。しかし,24年までに卵巣摘除術を 12例手がけ,死亡は1例のみであった。ほかにヘルニアや膀胱結石の手術でも好成績を収めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マクダウェル

米国の作曲家,ピアノ奏者。ニューヨークに生まれ,パリとドイツで音楽を学んだ。1882年ワイマールにF.リストを訪ね,その推薦で《ピアノ協奏曲第1番》(1881年)などがヨーロッパで出版された。ニューヨークのコロンビア大学教授などを歴任。作品はドイツ・ロマン派の流れを汲み,ピアノのためのソナタ,協奏曲,小品のほか,三つの交響詩歌曲などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクダウェル【Edward MacDowell】

1861‐1908
アメリカの作曲家,ピアニスト,教育家幼時からピアノを学び,1876年パリ音楽院に留学してピアノを学び,その後フランクフルトの音楽院などでピアノおよび作曲を修めた。82年ワイマールにリストを訪ね,リストの推薦によってピアノ独奏曲《第1現代組曲》(1881)と《ピアノ協奏曲第1番》(1881)がヨーロッパで出版された。ピアニストとしても活躍し,当時ヨーロッパで認められた最初のアメリカの音楽家の一人である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクダウェルの関連情報