コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグマ噴火 マグマフンカ

2件 の用語解説(マグマ噴火の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マグマ‐ふんか〔‐フンクワ〕【マグマ噴火】

マグマが火口から噴出する現象。溶岩流火砕流噴石火山灰などが発生する。マグマ爆発。→マグマ水蒸気爆発

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

マグマ噴火

マグマを地表に放出する噴火のこと、またその現象のこと。地下のマグマ溜まりから、マグマの膨張やマグマ溜まりへの圧力などの理由により、マグマが上昇して地上に噴出するもの。ほとんどは火山の火口から噴出し、溶岩流・火砕流・噴石・火山灰などを発生させる。2014年11月27日、福岡管区気象台は、熊本県・阿蘇中岳第1火口で起きた噴火をマグマ噴火と確認した。同火山でマグマ噴火が確認されたのは1993年2月以来21年ぶりとなる。

(2014-12-1)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマグマ噴火の言及

【火山】より

…さらに無水ケイ酸が多くなるデイサイト質マグマでは,粘性がきわめて大きく,地表に出ても流動することなく,溶岩円頂丘をつくる。以上のような噴火は,マグマが地表に貫入し,マグマそのものが放出されるのでマグマ噴火という。一方,火山体の浅い所に地表水が浸透し,高温ガスや高温岩体に接触して水蒸気となり,その圧力が増大して火口部分を吹き飛ばして起こる噴火を水蒸気爆発という。…

※「マグマ噴火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マグマ噴火の関連キーワード火山地形マグママグマだまり溶岩噴泉噴火口噴火マグマ混合パイロマグマ湖マグマ溶岩ドームと火砕流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マグマ噴火の関連情報