コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグマ噴火 マグマフンカ

知恵蔵miniの解説

マグマ噴火

マグマを地表に放出する噴火のこと、またその現象のこと。地下のマグマ溜まりから、マグマの膨張やマグマ溜まりへの圧力などの理由により、マグマが上昇して地上に噴出するもの。ほとんどは火山の火口から噴出し、溶岩流・火砕流・噴石・火山灰などを発生させる。2014年11月27日、福岡管区気象台は、熊本県・阿蘇中岳第1火口で起きた噴火をマグマ噴火と確認した。同火山でマグマ噴火が確認されたのは1993年2月以来21年ぶりとなる。

(2014-12-1)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

世界大百科事典内のマグマ噴火の言及

【火山】より

…さらに無水ケイ酸が多くなるデイサイト質マグマでは,粘性がきわめて大きく,地表に出ても流動することなく,溶岩円頂丘をつくる。以上のような噴火は,マグマが地表に貫入し,マグマそのものが放出されるのでマグマ噴火という。一方,火山体の浅い所に地表水が浸透し,高温ガスや高温岩体に接触して水蒸気となり,その圧力が増大して火口部分を吹き飛ばして起こる噴火を水蒸気爆発という。…

※「マグマ噴火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マグマ噴火の関連キーワード硫黄山(いおうやま)ベース・サージ水蒸気爆発水蒸気噴火火山砕屑流霧島山焼山焼岳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マグマ噴火の関連情報