コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゴチ Platycephalus sp.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マゴチ
Platycephalus sp.

カサゴ目コチ科の海水魚食用にして美味。体長 35cm。体は扁平で,頭は幅広い。口は大きく,下顎が突き出ている。前鰓蓋骨に 2本のとげがある。体色黄褐色で,多数の小さくて丸い斑点が散在する。浅い砂泥底にすみ,南日本に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マゴチ
まごち / 真鯒
flathead
[学]Platycephalus sp.2

硬骨魚綱スズキ目コチ科に属する海水魚。種に対する学名はまだ与えられていない。北海道の南部以南の日本各地に分布する。従来、本種はクロゴチともよばれ、混同されていたヨシノゴチ(シロゴチ)Platycephalus sp.1によく似る。しかし目が小さくて両眼間隔の幅は広いこと、下顎(かがく)の先端が丸いこと、体が黒っぽい茶褐色で、数本の黒い帯があること、胸びれは茶褐色の小斑点(はんてん)で被われ、その内面は淡色であることで区別できる。体は著しく縦扁(じゅうへん)し、頭の隆起縁の棘(とげ)がきわめて弱い。背びれの前2本の棘は遊離し、きわめて小さい。内湾や河口域の水深30メートル以浅の砂泥底に生息し、小型の底生魚類、甲殻類、タコ・イカ類などを食べる。5~7月ごろに浅海の砂場で産卵する。卵は浮性で直径0.9ミリメートル前後。受精後1日余りで艀化(ふか)する。1年で全長約13センチメートル、3年で32センチメートル、5年で45センチメートル、7年で54センチメートルになり、最大で1メートルを越える。性転換し、全長35センチメートルぐらいまでは雄で、40センチメートルを越えるとすべて雌になる。底引網や底刺網で漁獲される。釣り人は照りゴチとよび、日差しの強い夏が釣りの最盛期になる。夏が旬で、肉は白身で弾力があり、刺身、煮付け、椀種、てんぷら、洗いなどにする。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マゴチの関連キーワードトラギス(虎鱚)セレベスゴチヒラメ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マゴチの関連情報