マスクラット(英語表記)Ondatra zibethica; muskrat

  • Ondatra zibethicus
  • musk rat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

齧歯目キヌゲネズミ科。ニオイネズミともいう。体長 30cm,長 25cm内外。体色は変異が多く黒,褐,白色などさまざまである。後肢に蹼 (みずかき) をもつ。尾はやや側扁する。後肢のつけ根にある腺から特有のいのある液を分泌する。泳ぎがうまく,沼や湖などに生活し,岸に巣穴を掘ったり,木の小枝などで塚をつくる。北アメリカに分布するが,比較的安価な毛皮獣として各地に移出され,日本でも関東地方南部で野生化しているといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニオイネズミとも。齧歯(げっし)目ネズミ科の哺乳(ほにゅう)類。体長23〜33cm,尾18〜30cm。耳介と眼は小さい。体毛は長く光沢があり,普通赤褐色だが,白色,黒色など変異が多い。原産北米。毛皮用に養殖されていたものが,日本,ヨーロッパなどで野生化している。川や沼などの水辺に穴を掘ってすみ,スイレン,ガマ,クワイなどの水生植物の根やカニ小魚などを食べる。1腹1〜11子。堤防に穴をあけるので害獣とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類(イラスト)。大型の水生のネズミで,北アメリカの北部のツンドラ,南部の沿岸地方および砂漠を除く地域に分布。体長23~33cm,尾長18~30cm,体重680~1820g。体はがんじょうで,後足は大きく,一部の指間には水かきが発達する。尾はほとんど無毛で,左右に平たく,遊泳時にとして働く。尾の付け根に1対の腺があり麝香(musk)臭を放つのでマスクラットの名がある。体毛は長く粗い上毛と短く非常に柔らかで上質な下毛からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目キヌゲネズミ科の動物。北アメリカに広く分布している。沼沢地、湖、河川など水辺にすみ、水生植物を主食としているが、貝類、カエル、魚類なども食べる。岸辺に巣をつくり、出入口は水中にある。頭胴長25~36センチメートル、尾長20~28センチメートル、体重1~1.8キログラム。尾は長くて扁平(へんぺい)、尾の付け根にじゃ香musk臭を放つ1対の腺(せん)があるのが名の由来で、ニオイネズミともよばれる。後ろ足の指に硬毛があり、水かきの役割を果たしている。妊娠期間22~30日。4~8月、暖地では冬にも出産し、1産1~11子。乳頭は3対。毛皮動物としてヨーロッパなどへも移入されて飼育されたが、各地で広く野生化もしている。日本でも第二次世界大戦中飼育されていたが、逃げ出したものが関東地方で野生化している。毛皮生産では旧ソ連が最大であった。

[宮尾嶽雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (muskrat) ネズミ科の哺乳類。頭胴長二二~三六センチメートル、尾長一九~二八センチメートルの大形のネズミ。体は水生に適し、手足が大きく、後足には硬毛の列があり、水かきの代わりをする。尾は左右に扁平で、付け根に一対の腺があり麝香臭を発する。北アメリカ原産で、沼沢地・池・河川にすみ、水生植物の根や茎、貝などを食べる。日本には、毛皮獣として飼育されていたものが野生化している。においねずみ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマスクラットの言及

【帰化生物】より

… 偶然に帰化したものとしては,飼育していたものが逃げ出して定着したものに,1918年ころから食用に北アメリカから移入し,各地で養殖していたが,その一部が逃げ出して各地に野生化したウシガエル,そのウシガエルの餌として30年ころ神奈川に移入して養殖していたところ,大雨による出水で逃げ出して,付近の水田などに野生化し,しだいに各地に分布を広げたといわれる北アメリカ産のアメリカザリガニ,35年ころ食用に台湾から移入したものが,小笠原,奄美,沖縄などに野生化した,アフリカ原産のアフリカマイマイなどがある。また,愛玩用に飼育していたものが逃げ出して帰化したものに,北海道,岐阜の金華山などに野生化した韓国産のチョウセンシマリス,東京付近などに野生化したセキセイインコその他多数の飼鳥,動物園で飼育していたものが逃げ出して野生化したものに,伊豆大島,鎌倉などにすみついた台湾原産のタイワンリス,毛皮獣では第2次大戦中南アメリカから輸入し,各地で盛んに養殖していたが,その一部が逃げ出し,岡山その他に野生化したヌートリア,同じころ養殖されていたと思われ,東京の江戸川付近に定着している北アメリカ産のマスクラット,戦後毛皮獣として輸入され,養殖されていたものが逃げ出し,北海道で野生化した北アメリカ産のミンクなどがある。さらに,輸入した植物などに付着して偶然に入って来たと思われるものに,明治末に観賞用植物についてオーストラリアから入ってきたイセリアカイガラムシ,第2次大戦中に日本に入った北アメリカ原産のアメリカシロヒトリ,同じころ中国から入ったアオマツムシなどがある。…

※「マスクラット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android