コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスクラット マスクラット Ondatra zibethica; muskrat

6件 の用語解説(マスクラットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスクラット
マスクラット
Ondatra zibethica; muskrat

齧歯目キヌゲネズミ科。ニオイネズミともいう。体長 30cm,尾長 25cm内外。体色は変異が多く黒,褐,白色などさまざまである。後肢に蹼 (みずかき) をもつ。尾はやや側扁する。後肢のつけ根にある腺から特有の臭いのある液を分泌する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マスクラット(muskrat)

ネズミ科の哺乳類。体長25~35センチ、尾長18~28センチ。体は暗褐色で、後ろ足水かきをもち、肛門近くに麝香(じゃこう)臭を放つ腺(せん)がある。岸辺にすみ、巣穴の出入り口は水中に作る。北アメリカに分布。日本では毛皮獣として飼育されていたものが野生化。においねずみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マスクラット

ニオイネズミとも。齧歯(げっし)目ネズミ科の哺乳(ほにゅう)類。体長23〜33cm,尾18〜30cm。耳介と眼は小さい。体毛は長く光沢があり,普通赤褐色だが,白色,黒色など変異が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マスクラット【muskrat】

齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類(イラスト)。大型の水生のネズミで,北アメリカの北部のツンドラ,南部の沿岸地方および砂漠を除く地域に分布。体長23~33cm,尾長18~30cm,体重680~1820g。体はがんじょうで,後足は大きく,一部の指間には水かきが発達する。尾はほとんど無毛で,左右に平たく,遊泳時に舵として働く。尾の付け根に1対の腺があり麝香(musk)臭を放つのでマスクラットの名がある。体毛は長く粗い上毛と短く非常に柔らかで上質な下毛からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マスクラット【muskrat】

キヌゲネズミ科の哺乳類。頭胴長22~35センチメートル、尾長18~28センチメートル。目・耳は小さく、後ろ足には水かきがある。体は黒・褐色など。沼や河川の岸にすみ、泳ぎが巧みで、水生植物の根や茎、貝やザリガニなどを食う。北アメリカに分布。日本では毛皮用に移入飼育されていたものが、東京近郊の河川付近で野生化している。ニオイネズミ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスクラット
ますくらっと
musk rat
[学]Ondatra zibethicus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目キヌゲネズミ科の動物。北アメリカに広く分布している。沼沢地、湖、河川など水辺にすみ、水生植物を主食としているが、貝類、カエル、魚類なども食べる。岸辺に巣をつくり、出入口は水中にある。頭胴長25~36センチメートル、尾長20~28センチメートル、体重1~1.8キログラム。尾は長くて扁平(へんぺい)、尾の付け根にじゃ香musk臭を放つ1対の腺(せん)があるのが名の由来で、ニオイネズミともよばれる。後ろ足の指に硬毛があり、水かきの役割を果たしている。妊娠期間22~30日。4~8月、暖地では冬にも出産し、1産1~11子。乳頭は3対。毛皮動物としてヨーロッパなどへも移入されて飼育されたが、各地で広く野生化もしている。日本でも第二次世界大戦中飼育されていたが、逃げ出したものが関東地方で野生化している。毛皮生産では旧ソ連が最大であった。[宮尾嶽雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマスクラットの言及

【帰化生物】より

… 偶然に帰化したものとしては,飼育していたものが逃げ出して定着したものに,1918年ころから食用に北アメリカから移入し,各地で養殖していたが,その一部が逃げ出して各地に野生化したウシガエル,そのウシガエルの餌として30年ころ神奈川に移入して養殖していたところ,大雨による出水で逃げ出して,付近の水田などに野生化し,しだいに各地に分布を広げたといわれる北アメリカ産のアメリカザリガニ,35年ころ食用に台湾から移入したものが,小笠原,奄美,沖縄などに野生化した,アフリカ原産のアフリカマイマイなどがある。また,愛玩用に飼育していたものが逃げ出して帰化したものに,北海道,岐阜の金華山などに野生化した韓国産のチョウセンシマリス,東京付近などに野生化したセキセイインコその他多数の飼鳥,動物園で飼育していたものが逃げ出して野生化したものに,伊豆大島,鎌倉などにすみついた台湾原産のタイワンリス,毛皮獣では第2次大戦中南アメリカから輸入し,各地で盛んに養殖していたが,その一部が逃げ出し,岡山その他に野生化したヌートリア,同じころ養殖されていたと思われ,東京の江戸川付近に定着している北アメリカ産のマスクラット,戦後毛皮獣として輸入され,養殖されていたものが逃げ出し,北海道で野生化した北アメリカ産のミンクなどがある。さらに,輸入した植物などに付着して偶然に入って来たと思われるものに,明治末に観賞用植物についてオーストラリアから入ってきたイセリアカイガラムシ,第2次大戦中に日本に入った北アメリカ原産のアメリカシロヒトリ,同じころ中国から入ったアオマツムシなどがある。…

※「マスクラット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マスクラットの関連キーワードダイコクネズミハツカネズミ跳鼠姫鼠ナンキンネズミネズミ(鼠)カヤネズミ(茅鼠)シカネズミドブネズミ(溝鼠)ヒメネズミ(姫鼠)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マスクラットの関連情報