コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マストリリ Mastrilli, Marcello Francisco

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

マストリリ Mastrilli, Marcello Francisco

1603-1637 イタリアの宣教師。
1603年9月14日生まれ。イエズス会士マニラから琉球(りゅうきゅう)をへて,寛永14年薩摩(さつま)(鹿児島県)に上陸。日向(ひゅうが)(宮崎県)で捕らえられ長崎におくられる。拷問(ごうもん)のうえ,同年8月29日斬首(ざんしゅ)された。34歳。ナポリ出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

マストリリ

没年:寛永14.8.29(1637.10.17)
生年:1603
江戸前期のイタリア人イエズス会宣教師,殉教者。ナポリ出身。1618年イエズス会入会。単身,キリシタン迫害下の日本での宣教を決心して渡航を企て,1637年マニラを出発。琉球を経て,寛永14(1637)年薩摩(鹿児島県)に上陸。日向で捕らえられ,長崎にて穴吊しののち,斬首される。

(宮崎賢太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

マストリリの関連キーワード没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android